会員制ホテル事業などを行うリゾートトラスト、オラクルのクラウドを活用し、働き方改革による高付加価値業務へのシフトを推進
日本オラクル株式会社

2019年6月24日 11時00分
1/4ページ


経営管理情報の収集・集計・レポーティングなどに係る業務時間を年間約60%削減し、経営判断に寄与するデータ分析に注力


日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は本日、会員制リゾートホテル等を運営するリゾートトラスト株式会社(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:伏見 有貴)が経営層から施設責任者、業務スタッフに至るまで、業務効率化と迅速な経営情報の提供と把握を目的に、「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を導入し、経営管理基盤を新たに構築したことを発表します。導入後、経営管理情報の収集・集計・レポーティングなどに係る業務時間を年間約60%削減し、経営層・スタッフ部門はデータ分析など付加価値の高い業務に、施設スタッフは顧客満足度向上に注力することを目指しています。

リゾートトラストグループは、会員権事業を核に、ホテルレストラン事業、メディカル事業をはじめ幅広い領域で事業を展開する総合リゾート企業グループです。2019年3月期から開始した新中期経営計画「Connect 50」のなかで、会員権事業における時間あたり生産性の向上、ホテルレストラン事業における生産性・収益性の改善を掲げ、またデジタルを活用した変革も推進しています。



続きを読む(1/4ページ)

カテゴリ
製品
業種
IT
この企業の新着リリース

ゴディバ ジャパン、VUCAの時代に俊敏な事業運営を実現する経営管理システムをオラクルのクラウドで構築

ビームス、ファッションの枠を超えたライフスタイルの提案を迅速に行うことを目的に、オラクルのクラウドで事業活動収支表の早期開示と省力化を実践

2020年 年頭所感


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.