メロンに革命を起こせ!「感動メロン」プロジェクト ICT農法で栽培したメロン「バンビーナ」を農学部生を対象に試食&販売会
学校法人近畿大学

2019年6月21日 15時00分
1/5ページ

スイーツ級、プレミアム級およびクイーン級のメロン「バンビーナ」
拡大



近畿大学農学部(奈良県奈良市)農業生産科学科 兼 アグリ技術革新研究所 教授 野々村照雄が株式会社 松井農園(奈良県磯城郡田原本町)と共同開発したメロン「バンビーナ」を、add:PAINDUCE(アド・パンデュース)の協力のもと、令和元年(2019年)6月25日(火)、近畿大学奈良キャンパスにて学生向けに試食と販売会を行います。

【本件のポイント】
●糖度が高く、病気に強いメロン「バンビーナ」の生産を拡大し、家庭の食卓に届けるプロジェクト
●学生は「なら近大農法(ICT農法)」でメロンの栽培と収穫を体験することで、農業(農の担い手や新規就農など)や食品生産・加工分野への就職に関する理解が深まる
●「実学教育」を理念に掲げる大学として、社会貢献できる商品を開発

【本件の内容】
日本全国の農業分野では、少子高齢化に伴い、農業従事者が年々減少しているとともに、一方で、「休耕地」や「耕作放棄地」が増加しているため、深刻な社会問題となっています。一般的に、農業は個人の経験や勘に頼ることが多く、所得確保の不安定さが問題とされています。このような問題を解決するため、近畿大学農学部は奈良県と連携して「農の入口」モデル事業を展開し、「なら近大農法(ICT農法)」の確立を目指してきました。



続きを読む(1/5ページ)

キーワード

農学部, 松井農園, バンビーナ, メロン, add:PAINDUCE, 試食, 販売会, 共同開発, ICT農法, 実学教育

カテゴリ
告知・募集
業種
官公庁・団体サービス業
この企業の新着リリース

ソフトウェア開発にゲーム要素を導入することで開発効率が向上 プログラム作成の作業時間を約20%短縮

医学部 第32回市民公開講座 「見えにくい?もしかしたらメガネじゃなくて、目の病気」

海藻「紀州アカモク」を使用した期間限定メニューを学内で販売 美容成分を豊富に含む健康的な食事を学生に提供


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.