“話して、踊って、しっかり働く。” ロボット店長が人手不足の解決と売上貢献を一気に担う。
株式会社QBIT Robotics

2019年6月26日 16時00分
1/4ページ

イメージ画像
拡大
>>



 ロボティクス サービス プロバイダーの株式会社QBIT Robotics(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:中野 浩也、以下:QBIT)は、カフェ業態における提携の一環としてUCCグループと共同し実現するロボットカフェのパッケージ「&robot cafe(eにアクサンテギュ(アクセント記号)付、以下同様) system」を本日6月26日より正式受注販売開始致します。

◆ロボットカフェのパッケージ
 「&robot cafe system」は専用のカウンター筐体とアームロボットやカフェマシンなどの機器の組み合わせで提供されます。カウンター筐体は電気水道の設備から外装までを整えた完成品として(もしくは現地組立用の半完成品として)QBITの指定工場から直送、アームロボットは店舗作業用にプログラミングの済んだものが出荷されます。ここにカフェマシンを設置して調整を施せば数時間でロボットカフェを設営することができます。プロフェッショナル仕様のマシンを採用しているのでドリンク類の味は一流。ドリップコーヒーをはじめ、アイスコーヒーやカフェラテも有名店にひけをとりません。

◆開発背景/ビジョン
 全国的な人手不足の深刻化は、飲食や接客を扱うサービス業においても例外ではありません。現在、飲食業、鉄道/運輸、アミューズメント業など各種サービス業では、深刻な人手不足や労務管理の問題を抱えています。QBITは、先進的な解決策としてロボットカフェシステムを開発。接客のための人員やロボット専門の技術者を必要としない省スペース型店舗をパッケージ化しました。



続きを読む(1/4ページ)

キーワード

協働ロボット, ロボット, Startup, 中野浩也, 狩野昌央, QBIT, Robot, ベンチャー, 人手不足, ロボットカフェ

カテゴリ
サービス製品
業種
サービス業IT
この企業の新着リリース

「JR東日本スタートアッププログラム2019」に採択決定。 JR大宮駅構内でロボットパスタショップ事業の実証実験を開始。

経産省の「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース」に参画。 〜小売・飲食分野におけるサービスロボット普及を目指す〜

阪急阪神グループが、QBITロボットサービスを採用 ロボットとAIを用いた店舗マーケティングの実証実験を実施


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.