サイクルツーリズム導入実現の可能性をロードレースから探る 川俣ロードレース大会参加者に環境資源等のヒアリングを実施
学校法人近畿大学

2019年6月12日 14時30分
2/3ページ

昨年のロードレース大会の様子
拡大

今回現地調査を行う社会連携推進センター、国際学部等で構成される合同チームは、平成30年度(2018年度)から、福島県の委託を受け「大学生の力を活用した集落復興支援事業」に取り組み、福島県川俣町は「宿泊施設の少なさ」「アクセスの悪さ」に問題があると認識。その結果として、町内にある宿泊施設の活性化と、そこを拠点としたサイクルツーリズムを推進することへの提案に至りました。今回の取り組みは、町内のサイクルツーリズム導入の可能性を探るために、第46回川俣ロードレース大会に参加し、他の参加者に対して町の観光資源や来訪回数、町の魅力等について聞き取り調査を行います。なお本件は、福島イノベーション・コースト構想促進事業の一環として実施します。

【大会概要】
大会名 :第46回 川俣ロードレース大会
種  目:1.9km、5km、10km
主  催:川俣町、川俣町教育委員会、川俣町スポーツ協会
日  時:令和元年(2019年)6月16日(日) 開会式8:00〜
場  所:川俣町中央公民館(スタート・ゴール)
     (福島県伊達郡川俣町字樋ノ口11)
参加者 :1,511人(内 本学学生10人、本学教員2人)
調査方法:ロードレース後、任意で参加者に聞き取り調査

【"オール近大"川俣町復興支援プロジェクト】
近畿大学が、14学部48学科を擁する総合大学としての研究力を生かし、東日本大震災に伴う原発事故により、一部が計画的避難区域に指定された川俣町の早期復興を、大学の総力を挙げて支援するために立ち上げたプロジェクトです。近畿大学教員が提案した復興支援策を、1.農業・産業・町づくり振興支援、2.除染推進支援、3.健康・心身ケア支援、4.放射線・放射能測定支援のグループに分け、川俣町民の意向を取り入れつつ、平成25年(2013年)5月から本格的に実施しています。



続きを読む(2/3ページ)

キーワード

社会連携推進センター, 国際学部, 川俣ロードレース大会, 参加, 復興支援, サイクルツーリズム, 聞き取り調査, 観光資源, "オール近大"川俣町復興支援プロジェクト, 福島イノベーション・コースト構想促進事業

カテゴリ
告知・募集
業種
官公庁・団体サービス業
この企業の新着リリース

ド派手入学式!今年もつんく♂氏プロデュース 女性応援部団長が約7,200人を前に近大節を披露

豊岡市公共交通再編プロジェクト 成果報告会を開催 経済学部生が、1年5カ月に亘る研究成果を発表

学生制作の農作物販促システムの実証実験を高槻阪急で実施 農業及び地域の活性化へ


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.