「ケーブル技術ショー2019」〜パナソニックブースの展示概要とみどころ
パナソニックグループ

2019年6月12日 10時00分
1/2ページ

「ケーブル技術ショー2019」パナソニックブースイメージ [東京国際フォーラム ホールE]
拡大



パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社(社長:片倉 達夫、以下、パナソニック)は、「『共創』〜 Solution for Transformation 〜」をテーマに、2019年6月19日(水)、20日(木)に東京国際フォーラムで開催されるケーブルコンベンション2019の関連イベント「ケーブル技術ショー2019」へ出展します。

2018年12月から4K放送が始まるなど、ケーブル業界は、次世代放送・サービス立ち上げに向けて変革に取り組まれております。そこでパナソニックは、変革に取り組むお客様の課題を共に考え、「4K放送」「サービス・運用」「ワークスタイル」の3つのトランスフォーメンションをサポートする製品とソリューションを提供し、課題解決・新たな価値創造を提案します。

▼「ケーブル技術ショー2019」出展内容
<4Kトランスフォーメーション>
ヘッドエンドから受信端末まで、4K化にEnd to Endでお応えする製品とソリューションを出展。
最新のSTBをご覧いただけるほか、4K化の先を見据え、「ACAS(新CAS)」「IP」対応の観点からも放送の高度化をサポートするソリューションも提案します。
・4K End to End ソリューション
・4K-STB ENTRYモデル
・RF/IP Hybrid-STB
・スマートスピーカー連携

<サービス運用 トランスフォーメーション>
「社会インフラとして災害時対応を強化したい」「顧客対応の時間もスタッフも不足している」といった課題に対し、双方向STBを活用し、ケーブル局様のサービス向上と運用の効率化につながるソリューションを出展します。
・CATVデータマネジメントシステム
・STBフィールドサービス〜フィールド監視サービス〜



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

企業・法人向けソリューション, 展示会・ショウルーム, ケーブル技術ショー, CATV, STB, 4K, 放送, ケーブル局, 番組制作, 次世代放送

カテゴリ
製品告知・募集
業種
製造・メーカーIT
この企業の新着リリース

フルサイズミラーレス一眼カメラ LUMIX S1HからATOMOS社製HDMIフィールドモニター/レコーダー NINJA Vへ最大5.9K29.97pの動画RAWデータを出力するファームウェアを開発

パナソニックの映像解析技術「3Dトラッキング」がワールドカップバレー2019のテレビ中継で初採用

パナソニックがサッポロドラッグストアーに「Vieurekaサービス」を納入


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.