エイベックス・エンタテインメント×近畿大学 空間演出プロジェクト「音声AR講座」スタート
学校法人近畿大学

2019年6月5日 15時00分
2/3ページ

講座に先駆けて開催した音声 AR「恐怖体験」体験会の様子
拡大

近畿大学では、起業家やクリエイターの養成を目的に、革新的な取り組みを行う企業等と連携したアカデミックシアターACT プロジェクトを展開しています。その一環として開催する本講座は、トレンドカテゴリーについての知見を深め、クリエイティヴな発想を養い、成果を世の中に発信していくプログラムとなっており、学生が実際に音声AR 模擬体験ソフトを開発します。講師はAEIのクリエイティヴディレクターが務めます。なお、6月3日(月)には、講座に先駆けて音声AR「恐怖体験」の体験会をアカデミックシアターで行い、多くの学生が参加しました。

【開催概要】
日時:2019年6月10日(月)・17日(月)・24日(月)・7月1日(月)
   各日18:30〜20:30
場所:近畿大学アカデミックシアター 3号館 301教室
   (大阪府東大阪市小若江3-4-1、近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約10分)
対象:近畿大学学生 27人

【アカデミックシアターACT プロジェクトとは】
近畿大学アカデミックシアター内のガラス張りの部屋「ACT(アクト)」を舞台に、近畿大学の学生が主体となり、教職員、企業、地域住民の方々と協働しながら、学部横断で新たな社会価値を生む試みを仕掛けていくプロジェクトです。プロジェクトは1年ごとに学内公募から採択され、それぞれが自主性を持って取り組んでいます。

【取り組みの背景】
AEIは、音楽制作やライブ演出で培ってきたクリエイティヴに関する様々なノウハウを、音楽以外の様々な領域に活用することで、世の中に新しい体験や価値観を生み出しています。また、エンタテインメントによる地方創生や社会課題の解決をテーマに、イベントの企画やコンテンツ(IP)開発を、企業・自治体・地域の学生と共同で取り組み、広く社会に発信していくことで、地域の新しい価値を民主的に生み出していく新しい地方創生のアプローチ(共創:Co-Creation)を展開しています。今回、様々な産学連携プロジェクトを推進している近畿大学とタッグを組み、AEIが持つクリエイティヴに関するノウハウや、新しいエンタテインメントの事業を活用して課題解決に取り組む講座を企画しました。

【音声AR 体験事業「SARF」とは】



続きを読む(2/3ページ)

キーワード

大学, エイベックス・エンタテインメント, 音声, AR, 講座, VR, 拡張現実, 仮想現実, アカデミックシアターACT プロジェクト, SARF

カテゴリ
告知・募集
業種
官公庁・団体サービス業IT
この企業の新着リリース

ビジコン×モノコン×スポコン最終決戦 「MIX MODERN The Battle」開催

参議院議員 東 徹氏による寄附講座開催 「日本の政治の未来について」

中学生が正月用のしめ飾り作りに挑戦 自分たちで育てた稲を使い、地域の敬老会から作り方を学ぶ


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.