株式会社シーズ、ブロックチェーン学習ツール「箱庭システム」を7月から販売開始
株式会社シーズ

2019年6月6日 09時00分
1/2ページ

ブロックチェーン学習ツール「箱庭システム」(1)
拡大
>>



株式会社シーズ(本社:東京都豊島区、代表取締役:玉井勝文)は、ブロックチェーンの中身を理解し、スマートコントラクトの作成を学べる他に例のないブロックチェーン学習ツール「箱庭システム」を7月から販売開始いたします。


■開発の背景

ブロックチェーンの産業活用に向けての実証実験が活発化する中、ブロックチェーン技術者不足が課題となっていますが、ブロックチェーンを学べる環境はまだほとんどありません。
この時代において、信用取引のベースとなる優れたブロックチェーンの研究・開発・構築、及び教育機関や研究機関への技術提供は必須となります。
そこで当社は、ブロックチェーンを学びたい方々のために、一般社団法人フィンテック研究振興協会(略称:FRPA、本社:東京都豊島区、代表理事:伊東久雄)と本商品を共同開発いたしました。


■内容

本商品はイーサリアムブロックチェーンを学ぶためのツールであり、今後需要拡大が必至なブロックチェーン技術者を育てるための教材です。
ローカル環境でブロックチェーンを動作・確認ができる「箱庭」のようなシステムです。


■特長

1.イーサリアムブロックチェーンの中身が見えます
 ブロックリスト、ブロックの内容、トランザクションの内容、ウォレット残高が一目瞭然です。

2.コントラクトを自分で作成できます
 まずは6つのサンプルのコントラクトを選択して、デプロイからトランザクションの実行まで行えます。

3.コインの発行条件を変えて動作を確認できます
 4つのコインの発行条件から選んで実行できます。

4.送金機能や換算機能も搭載され便利です



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

株式会社シーズ, 一般社団法人フィンテック研究振興協会, ブロックチェーン, ブロックチェーン学習, 箱庭

カテゴリ
製品
業種
IT
この企業の新着リリース

株式会社シーズ、世界初のオウンドメディアプラットフォームを構築運用

株式会社シーズと株式会社日本ブレインウェア、世界初の「ブロックチェーンプロバイディングサービス」で事業提携

株式会社シーズ、インターネット上の取引にブロックチェーンを導入した新たなマネタイズ手法を特許出願 〜 取引手数料無しで運営可能なビジネスモデル 〜


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.