監査法人と会計事務所の違いは? 公認会計士のキャリアの選び方
株式会社MS-Japan

2019年5月31日 09時50分
1/3ページ

監査法人と会計事務所の違いは?公認会計士のキャリアの選び方
拡大



株式会社MS-Japan(以下:MS-Japan)ウェブサイト内の「転職トピックス」に、以下の記事が掲載されました。

・監査法人と会計事務所の違いは?公認会計士のキャリアの選び方
記事を読む⇒ www.jmsc.co.jp

公認会計士としてキャリアを積みたいと考えている方も多いのではないでしょうか。
実際にキャリアアップの道筋を考える際、有力な就職先の選択肢として、「監査法人」と「会計事務所」があります。

監査法人が行う業務は、主に監査証明業務、非監査業務、コンサルティング業務の3種類に分かれます。
一方、会計事務所は、法人あるいは個人に代わって税務申告などの経理処理を行うのが主な仕事で、定期的に顧客の企業等を訪問して会計データを調べ、節税対策を考え、その上で税務申告書を作ります。

この記事では、監査法人と会計事務所における仕事内容や待遇の違いを比較し、どのような場合にどちらで働くのが望ましいのかについて解説します。

公認会計士の転職情報はこちら⇒ www.jmsc.co.jp

【関連トピックス】
■公認会計士の年代別転職状況
www.jmsc.co.jp
■監査法人勤務の公認会計士が転職を考える理由



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

会計事務所, 公認会計士, 転職, 監査法人, 人材紹介会社, MS-Japan, MS-JAPAN

カテゴリ
調査・報告その他
業種
サービス業
この企業の新着リリース

会計業界のトップファームのすべてがわかる「Best Professional Firm2019」ムック本7/17(水)発売

20代経理の退職理由トップ3! 面接では本音を話すべき?

今、転職すると損をする?!ボーナスと退職時期


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.