オージス総研、ビジネス環境の変化へ柔軟に対応するアプリケーションを迅速に開発するプラットフォーム「VANTIQ」を提供開始 〜お客様のデジタルトランスフォーメーションを加速〜
株式会社オージス総研

2019年6月4日 11時00分
1/3ページ



 Daigasグループの株式会社オージス総研(本社:大阪市西区、代表取締役社長:西岡 信也、以下オージス総研)は、VANTIQ, Inc.(本社:米国カリフォルニア、CEO:Marty Sprinzen、以下VANTIQ)と提携し、デジタルトランスフォーメーション(以下DX)を加速するITソリューションの提供を開始いたします。

 VANTIQは、変化するビジネスニーズに迅速に応えることを目的とした、ITサービスをスピーディにリリース・改善できるプラットフォームです。

 VANTIQプラットフォームは、クラウド上に開発から運用までの環境を提供(aPaaS)しています。また、イベント・ドリブン・アーキテクチャを採用することで、リアルタイム性を求められる業務に対応でき、ビジュアル開発ツールによって生産性の高い開発を実現できます。
※詳細についてはこちらをご参照ください。 www.ogis-ri.co.jp

 大阪ガスの子会社で情報サービス事業の中核を担うオージス総研は、Daigasグループのシステム開発・運用で培った豊富な実績を活用したエネルギー関連分野のシステム開発や、デザイン思考、行動観察、アジャイル開発、IoT、AIなどの先進的なIT技術を取り入れたソリューション提供を強みとしています。これらの知識と技術を基に、VANTIQプラットフォームを活用して、お客さまのDXを加速します。

 なお、VANTIQプラットフォームを活用したデモを2019年6月12日(水)〜14日(金)に開催されるINTEROP TOKYO 2019(幕張メッセ)EDAコンソーシアムブースにて参考出展いたします。

■VANTIQ, Inc.からのエンドースメント



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

オージス総研, VANTIQ, DX, デジタルトランスフォーメーション

カテゴリ
サービス
業種
IT
この企業の新着リリース

オージス総研、「AWS Well-Architectedパートナープログラム」認定を取得

企業間を速く・簡単に繋ぐEDIサービス「eCubenetデータフロー」の提供を開始

リユースパソコンを活用した地域貢献「はじまるくんパソコン寄贈プログラム」 「10周年記念贈呈式」を実施しました


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.