近畿大学×高野町 公開講座開催 地域創生を目的とする「大学のふるさと協定」の取り組みとして実施
学校法人近畿大学

2019年5月8日 14時30分
1/2ページ

高野山観光情報センターikoya
拡大



近畿大学(大阪府東大阪市)は、平成29年(2017年)2月に和歌山県高野町と近畿大学が締結した「大学のふるさと協定」の一環として、令和元年(2019年)5月18日(土)に高野山観光情報センターikoya(和歌山県伊都郡高野町)にて第2回公開講座を行います。

【公開講座】
■タイトル:執金剛神像と深沙大将像
      重源の天竺への憧れと仏法興隆への願い
■講  師:近畿大学文芸学部芸術学科
      准教授 松岡 久美子
■講演内容:高野山に伝わる執金剛神像、深沙大将像は、源平の合戦の際に焼亡した東大寺の再建に尽力した僧重源が高野新別所に安置したものと推測されています。近年、鎌倉時代の有名な仏師快慶の作であることが確認されて話題になりました。執金剛神と深沙大将の組み合わせは非常に珍しく、ほかには京都の金剛院に伝来する同じく快慶作の一対しか知られていません。この2尊の組み合わせがなぜ生まれたのかはこれまで知られてこなかったのですが、当時の状況を読み解くと、東大寺焼亡により揺らぎかけた仏教誕生の地天竺(インド)との絆を再確認する願いを込めて、重源の周辺で生み出されたものであることがみえてきます。

【講座の概要】
日    時:令和元年(2019年)5月18日(土)15:15〜16:45
場    所:高野山観光情報センターikoya
       (和歌山県伊都郡高野町大字高野山357 金剛峯寺前第2駐車場内 
       南海高野山ケーブル「高野山駅」下車 バスで約10分(南海りんかいバス「金剛峯寺前」)
対    象:高野町の方、一般の方(入場無料、申込み不要)



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

大学, 高野町, 大学のふるさと協定, 公開講座, 執金剛神像, 深沙大将像, 地域貢献, 地方創生, 実践的教育, 松岡 久美子

カテゴリ
告知・募集
業種
官公庁・団体サービス業
この企業の新着リリース

「外国人法曹との研修会」開催 国際交流を通じて相互理解を深め、国際感覚を身につける

近畿大学奈良病院小児病棟で夏祭りイベントを開催 「食事満足度向上プログラム」参加学生が考案した手作りおやつを提供

生物理工学部 公開講座(BOST Science Café) 「『見る』ことと『見える』こと〜視覚の不思議を解き明かす〜」「色とは何か〜色の本質と応用について〜」


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.