オラクル、次世代クラウド・データセンターを東京に開設
日本オラクル株式会社

2019年5月8日 11時00分
1/16ページ


東京リージョン開設により「Generation 2 Cloud」をアジア太平洋地域に拡充。世界中の高速・大容量ネットワークと接続し、日本のお客様の基幹システムのクラウド移行を推進


日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は本日、オラクル・コーポレーションが、ますます高まる「Oracle Cloud」への需要に対応する「Generation 2」クラウド・インフラストラクチャのデータセンターを総数20に拡張する一環として、新たに東京リージョンを開設し、運用開始したことを発表します。また。今後6カ月以内に、大阪リージョンも開設する計画です。東京リージョンでは、「Oracle Autonomous Database」や、次世代クラウド・インフラストラクチャをはじめとするオラクルの「Generation 2 Cloud」サービスにより、お客様にセキュリティ、パフォーマンスおよび信頼性に優れたクラウド環境を提供します。オラクルは今後、韓国・ソウル、インド・ムンバイ、オーストラリア・シドニーにリージョンの開設を予定しており、日本およびアジア太平洋地域のお客様のアプリケーションの実行および事業継続の選択肢を強化します。



続きを読む(1/16ページ)

カテゴリ
企業動向製品
業種
IT
この企業の新着リリース

Propre Japan、不動産テックの核となるビッグデータ基盤をオラクルの自律型データベースで刷新し、リアルタイムな国内外不動産の分析情報を提供

Zoom、オラクルをコア・オンライン・ミーティング・サービスのクラウド・インフラストラクチャ・プロバイダーに選定

チェッカーサポート、7,000名の人材派遣業務を支える人事管理システムをOracle Cloudへ全面移行


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.