【NEC】NECとCloudera、SX-Aurora TSUBASAを活用した ビッグデータ向け高速分析プラットフォームの共同開発を完了 〜Apache Hadoop/Sparkによる高速なAI処理に対応〜
日本電気株式会社

2019年4月24日 12時00分
1/2ページ



 日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長 兼 CEO:新野 隆、以下 NEC)とCloudera, Inc. (本社:米国パロアルト、CEO:トムライリー(Tom Reilly) 、以下Cloudera)は、NECの次世代イノベーションプラットフォーム「SX-Aurora TSUBASA」上で、AIに利用可能なビッグデータ向け高速分析プラットフォームの共同開発を完了しました。

 2018年10月にSX-Aurora TSUBASAを活用したビッグデータ向け高速分析プラットフォームの共同開発を発表(注1)した両社は、Clouderaの「Hortonworks Data Platform」(注2)で「SX-Aurora TSUBASA」のYARN(注3)対応の開発を共同で実施してきました。YARN対応を行うことで、従来のHadoop/Sparkで行ってきた同様の管理が「SX-Aurora TSUBASA」でも可能となるため、アプリケーションの連携が容易になり、システム管理者の負荷軽減も実現できます。更にはSX-Aurora TSUBASAによるAI/機械学習/ビッグデータ分析の顕著な性能向上が図られ、顧客のビジネス価値の更なる向上をもたらします。今回の共同開発の成果はClouderaよりHDPの機能として2019年度上期に提供される予定です。
本活動の成果も活用し、NEC X(注4)では「Frovedis(フロベディス、注5)」を使った北米での事業創出活動を開始いたします。

なおNECは「SX-Aurora TSUBASA」で下記のイベントで参加いたします。
  「SPARK+AI SUMMIT 2019」
  (会期:4月23日〜4月25日、会場:SAN FRANCISCO) 
  講演内容:
  Accelerating Spark MLlib and DataFrame with Vector Processor “SX-AuroraTSUBASA”
  databricks.com




続きを読む(1/2ページ)

キーワード

NEC, 日本電気, Cloudera, NEC X

カテゴリ
製品技術・開発告知・募集
業種
IT
この企業の新着リリース

【NEC】NECパートナー共創ソリューションフェア(10/31東京・11/22大阪)

【NEC】EMI抑制設計支援ツール DEMITASNX Ver.6.0にてAIを活用したノイズ対策機能を新たにリリース

【NEC】WebSAM JobCenter x CLUSTERPRO ハンズオンセミナー(Windows編 9/18)【無償】 〜高可用なジョブ管理基盤の構築方法を半日で習得できるハンズオンセミナーです!〜


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.