ウナギ養殖技術の確立をめざし インドネシア企業「PT SURI TANI PEMUKA」とMOUを締結
学校法人近畿大学

2019年4月12日 15時00分
1/2ページ

STP社長のアルディ ブディオノ氏(左)と近畿大学水産養殖種苗センター長の岡田貴彦(右)
拡大



近畿大学水産養殖種苗センター(和歌山県白浜町)は、水産飼料や養殖魚の生産・販売をグローバルに展開するインドネシア企業「PT SURI TANI PEMUKA(スリ・タニ・ペムカ)」(略称:STP)と、平成31年(2019年)4月12日(金)にMOUを締結しました。
近畿大学は、資源枯渇が深刻なウナギについて種苗生産および養殖の研究を続けていますが、今回のMOUによって、STPと協力しながらさらに研究に注力してまいります。

【本件のポイント】
●インドネシアの農業・水産業大手「JAPFA」の水産部門子会社である「STP」とMOUを締結
●共同研究や人材交流によって、絶滅が危惧されるウナギの養殖技術確立に取り組む
●研修の受け入れ等によるSTPへの養殖技術指導を通じて国際貢献をめざす

【本件の内容】
近年、ウナギの資源枯渇がたいへん深刻な問題となっています。平成26年(2014年)には、ニホンウナギが国際自然保護連合から絶滅危惧種に指定されており、サステナブルな完全養殖による量産化が待ち望まれています。本学でもウナギの完全養殖の研究を行っていますが、アジア諸国をマーケットにウナギの養殖・販売を行うSTPとのMOU締結を契機として、今後さらに研究を促進させます。
STPとの取り組みについては、以下のような内容を検討しています。
・近畿大学水産養殖種苗センターでのSTP社員の研修受け入れ
・近畿大学水産研究所教員を派遣してのSTPウナギ養殖場での共同研究
・JAPFAやSTPの水産研究所設立に向けて近畿大学水産養殖種苗センターが協力

【本件の背景】



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

水産養殖種苗センター, PT SURI TANI PEMUKA, JAPFA, MOU, 締結, ウナギ, 種苗生産, 養殖, 水産研究所, インドネシア

カテゴリ
調査・報告
業種
官公庁・団体サービス業漁業
この企業の新着リリース

AI技術を活用し講義を支援 質問応答業務の大幅な削減の実現を確認

20年続く稲作実習 平成最後の「種もみまき」実施 1年間のお米作りから、食への感謝の気持ちを育む

KNT-CTホールディングス株式会社×近畿大学 包括連携協定調印式を実施


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.