2万8千年前のマンモスの細胞核の動きを確認 太古のDNAで生命現象を再現、古生物科学の新たな扉を開く
学校法人近畿大学

2019年3月11日 19時00分
1/6ページ

図1.ライブセルイメージングによりマンモス細胞核の生物学的活性の兆候を視覚化
拡大
>>



近畿大学生物理工学部(和歌山県紀の川市)ならびに近畿大学先端技術総合研究所(同、海南市)を中心とする、ロシア連邦サハ共和国科学アカデミー、東京農業大学、東京工業大学、国立環境研究所らの共同研究グループは、シベリア永久凍土中で2万8千年間眠っていたマンモス「Yuka」の化石から採取した筋肉組織等から細胞核を回収し、その一部がマウス卵子の中で新たな細胞核を形成しはじめることの観察に世界で初めて成功しました。
本研究の成果は、平成31年(2019年)3月11日(月)午後7時(日本時間)に、国際的なオンライン科学雑誌「Scientific Reports」に掲載されます。

【本件のポイント】
●化石から採取した細胞核が、マウス卵子の中で新たな細胞核を形成する様子を世界で初めて観察することに成功
●マンモスの細胞核が、永久凍土で2万8千年間生物学的活性を維持してきたことが判明
●マンモスDNAの損傷をマウス卵子が修復する可能性を示唆

【本件の概要】
細胞核には生命の設計図「DNA」が含まれていますが、化石から得られた細胞核が生物学的に機能するのかはわかっていませんでした。そこで本研究では、シベリアで発見されたマンモスの体から骨髄と筋肉組織を採取し、さまざまな生物情報の解読、および細胞核の機能の復元に挑みました。



続きを読む(1/6ページ)

キーワード

生物理工学部, 先端技術総合研究所, Scientific Reports, オンライン科学雑誌, 細胞核, 観察, マンモス, ライブセルイメージング, Yuka, ゲノム解析

カテゴリ
調査・報告技術・開発
業種
官公庁・団体サービス業
この企業の新着リリース

大人気「近大マグロ丼」を学食で提供! 学生からの要望に応え、ボリュームアップを実現

園児向け「交通安全教室」実施 交通ルールの大切さやマナーを楽しく学ぶ

起業家人材養成プログラム「G's CAMP KINDAI」開講プログラミングの基礎を習得し、ゲームアプリを製作


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.