業界的担い手不足を解消 家事代行のベアーズ、予約の取りやすさを大幅改善 外国人労働者受け入れ・教育体制強化
株式会社ベアーズ

2019年3月6日 11時00分
1/5ページ

家事代行のベアーズ
拡大
>>



1999年10月に創業し、今年20年目を迎えた株式会社ベアーズ(本社:中央区日本橋浜町/代表取締役社長:高橋健志)は、家事代行サービスの予約の取りやすさを大幅に改善したことを発表いたします。

【予約の改善状況】
国家戦略特別区域家事支援外国人受入119名、採用数・稼働率それぞれ昨年対比114%・104%(2018年10〜12月昨年対比)により、家事代行サービス定期利用のスタッフマッチングのリードタイムは、2019年1月平均2.3日と、昨年同月の平均19日を大幅に下回り(東京本社実績)、家事代行サービスの予約が大幅に取りやすくなりました。

【背景】
女性の社会進出・共働きの増加や高齢化社会を背景としたお客様ニーズの拡大から、家庭の家事負担を減らす家事代行・家事支援サービスの市場規模は急速に拡大しています。

一方で、高まる需要に対して、サービス提供側の供給体制が追いつかない事例が続いています。
ベアーズでは2016年年末から2017年年始にかけて、受付体制・スタッフ供給体制が整わずスポットサービスを3か月に渡って一時受付停止いたしました(その後再開)。
また、2017年9月には、家事代行サービス「カジアル」(運営:リクルートスタッフィング)が、翌2018年9月には、家事代行サービス「DMM Okan(DMM おかん)」(運営:DMM.com)が家事代行スタッフの不足により相次いでサービスを終了し、需給のバランスを保ちながら、品質を担保することの難しさが取りざたされました。



続きを読む(1/5ページ)

キーワード

家事代行, 家政婦, 家事支援, 外国人労働, 国家戦略特区, ベアーズ

カテゴリ
サービス企業動向
業種
サービス業
この企業の新着リリース

夢の無料キャンペーンを開始 ベアーズの家事代行サービスとダイソン最新コードレスクリーナー 「Dyson V11」をあなたのご自宅で体験!

自由な暮らしに家事はいらない! 家事代行ベアーズ、「OYO LIFE」と提携 〜「OYO LIFE」物件なら家事代行も1ヶ月0円!?〜

モノより思い出 家事代行のベアーズ、パーティープランをリリース 特別な1日に寄り添うサービス


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.