パナソニックとシステムエアー社が空調統合ソリューションの開発に向けて提携
パナソニックグループ

2019年2月27日 10時30分
1/3ページ



パナソニック株式会社(以下、パナソニック)とSystemair AB(以下、システムエアー社)は、業務用・家庭用の両分野におけるサスティナブルなHVAC&R(Heating Ventilation and Air Conditioning and Refrigerating)統合ソリューションの開発に向けた、戦略的な提携に合意しました。HVAC&Rに関する技術開発のリーディングカンパニーであるパナソニックと、換気とチラー空調に強みを持つ世界的なメーカーであるシステムエアー社は互いの技術と知見を生かし、欧州のHVAC&R市場に新たなトレンドを創出していきます。

提携の第一段階として、パナソニックは、システムエアー社の先進的な空冷式チラー技術を特長とする高効率なヒートポンプチラーを、欧州市場で販売します。このヒートポンプチラーは、きめ細かなカスタマイズ対応が可能なため、学校やレストラン、事務所といった施設ごとのニーズに合わせた最適な対応が可能です。

また、両社は、業務用のチラー空調に関する技術開発においても緊密に協力します。より高効率で環境性能を向上させたヒートポンプチラーの開発を共同で進めるとともに、両社が持つスマートクラウド技術を活用して、遠隔制御から保守まで含めたワンストップソリューションの構築を目指します。さらに、システムエアー社が専門とする室内空気質(Indoor Air Quality:IAQ)のコア技術である換気技術と、パナソニックの高度なヒートポンプ技術、制御技術とを組み合わせ、業務用・家庭用の両分野でIAQソリューションを進化させていきます。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

企業・法人向けソリューション, プレスリリース, 経営・財務・人事, 欧州, 空調事業, HVAC&R, システムエアー社, 換気業界, 建設業界, ヒートポンプチラー

カテゴリ
企業動向技術・開発
業種
製造・メーカー建設業不動産業
この企業の新着リリース

パナソニックが東京2020パラリンピック1年前としてイベント「パラリンピックのちから」を開催

「第6回女性技術者育成功労賞」を受賞

エボルタNEOくんが「トライアスロン」走破


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.