パナソニック「無電化地域ソリューションプロジェクト」がケニアでスタート
パナソニックグループ

2019年1月31日 15時00分
1/3ページ

除幕式の様子 「無電化地域ソリューションプロジェクト」寄贈式にて
拡大
>>



パナソニック株式会社(以下、パナソニック)と世界の子どもを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン(東京都中野区/以下WVJ)は、両者が協働してケニアで実施する「無電化地域ソリューションプロジェクト」を発足します。本プロジェクトのスタートに合わせて、2019年1月29日(火)、ナロク県エンクトト地区において寄贈式が行われました。

寄贈式には、ケニア政府、在ケニア日本大使館、JICAケニア事務所などからの来賓や関係者など200名を超える多くの方が出席し、パナソニックの太陽光発電と蓄電池を組み合わせたシステムやソーラーストレージ、ソーラーランタンなどをケニア共和国ナロク県エンクトト地区イルキマティ村に寄贈しました。

【寄贈概要】
太陽光発電と蓄電池を組み合わせたシステム 2台 (イルキマティ小学校、エンクトト診療所 各1台設置)
ソーラーストレージ 7台 (教会で実施の識字教室に活用予定)
ソーラーランタン 150台 (イルキマティ小学校に子どもが通う150世帯へ寄贈)
その他電設資材など

WVJ事務局長 木内真理子氏は、本プロジェクトへの期待を以下のように述べました。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

その他 - 事業分野別, CSR・環境, 海外, 社会貢献, 無電化地域ソリューションプロジェクト, 無電化, 寄贈式, あかり, ケニア, 支援

カテゴリ
CSR調査・報告企業動向
業種
サービス業製造・メーカー
この企業の新着リリース

電動スポーツバイク「ベロスター」限定カラー発売のお知らせ

若者たちのチャレンジを支援する渋谷100BANCHがリアル × オンラインで未来を届ける夏祭り「ナナナナ祭2020」を開催 基調対談にはパナソニック社長の津賀一宏も登壇

4K/ACASと次世代サービスをテーマに「ケーブル技術ショー2020 オンライン展示会」に出展


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.