ビジネス価値とスピードの向上を支援するPCサーバ 日立アドバンストサーバ「HA8000Vシリーズ」のエントリーモデルを販売開始[日立]
株式会社日立製作所(ITサービス&プロダクト)

2019年1月11日 17時00分
1/2ページ

ビジネス価値とスピードの向上を支援するPCサーバ 日立アドバンストサーバ「HA8000Vシリーズ」のエントリーモデルを販売開始[日立]
拡大
>>



―最新のインテル(R)Xeon(R)Eプロセッサーの搭載や導入支援ツールによる高いコストパフォーマンスと導入・運用の容易さで、ビジネスニーズの変化に即応―

株式会社日立製作所(以下、日立)は、このたび、PCサーバである日立アドバンストサーバ「HA8000Vシリーズ」のエントリーモデルとして、最新CPU インテル(R)Xeon(R)Eプロセッサーを搭載したラック型の「HA8000V/DL20 Gen10」およびタワー型の「HA8000V/ML30 Gen10」を新たにラインナップし、1月29日から販売開始します。


今回販売開始するエントリーモデルでは、最新のインテル(R)Xeon(R)Eプロセッサーの搭載により従来モデル比でCPUコア数を1.5倍(*1)とし、エントリーモデルにおいて、さらなる高性能を実現しました。また、導入支援ツール「Intelligent Provisioning」(*2)と統合運用ツール「iLO連携(iLO Federation)」(*3)によりシンプルなサーバ管理が行えるため、高いコストパフォーマンスを備えたエントリーモデルを容易に導入・運用でき、変化し続けるビジネスニーズへの迅速な対応を可能にします。

(*1):従来モデル HA8000/RS110とHA8000V/DL20 Gen10との比較
(*2):サーバの構成情報やOS、iLO(integrated Lights-Out:サーバの遠隔監視・管理機能)の設定、保守用ログなどの各サーバへのダウンロード等を行う導入支援ツール
(*3):サーバのさまざまな状態を可視化するGUIにより、複数サーバに対する効率的な運用を支援する統合運用ツール


▼続きはこちら
www.hitachi.co.jp

▽日立アドバンストサーバ「HA8000Vシリーズ」Webサイト



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

日立, HA8000V, エントリーモデル, 高性能, 導入支援ツール, 統合運用ツール, コストパフォーマンス, 容易な導入・運用, ビジネスニーズの変化に即応

カテゴリ
告知・募集製品
業種
IT製造・メーカー
この企業の新着リリース

日立が提案するスマートファクトリーと協創事例

特集:デジタルテクノロジーで社会を変革し、ビジネスを進化させる「Lumada」[日立]

「Hitachi Virtual Storage Platformファミリー」のミッドレンジモデルが日刊工業新聞社の第61回(2018年)「十大新製品賞 本賞」を受賞[日立]


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.