森ビルとMAMORIOがヒルズを舞台に「IoTお忘れ物自動通知サービス」の実証実験を開始
森ビル株式会社

2018年12月27日 14時05分
1/2ページ

MAMORIOタグ
拡大


六本木ヒルズや虎ノ門ヒルズなど6施設でMAMORIO Spotを設置


森ビル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻慎吾、以下:森ビル)とMAMORIO株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:増木大己、以下:MAMORIO社)は、紛失防止IoTデバイス「MAMORIO」及び専用アンテナ「MAMORIO Spot」を活用した「IoTお忘れ物自動通知サービス」の実証実験を、六本木ヒルズや虎ノ門ヒルズなど森ビルが運営する6施設にて実施いたします。

MAMORIO社が提供する本サービスは、Bluetoothを活用した紛失防止IoTデバイス「MAMORIO」(専用タグ)を「大切なモノ」に付けるだけで、スマートフォンと連携して紛失を防ぎ、万が一の置き忘れ時にはスマートフォンに置き忘れた場所と時間をお知らせするものです。タグをつけた持ち物を「いつ、どこで」落としたかが通知されることから、捜索範囲を大きく狭めることができます。さらに、お忘れ物が集約される場所に専用アンテナ「MAMORIO Spot」を設置することで、タグの付いた大切なものがアンテナ設置場所に届くと、お忘れ物の位置情報がスマートフォンに通知される「IoTお忘れ物自動通知サービス」(※1)で確実にお忘れ物を見つけることができます。六本木ヒルズや虎ノ門ヒルズなど、森ビルが管理・運営する6施設で実証実験を実施することで、施設を訪れるお客様の不安を減らし、より安心で快適な施設環境づくりを推進します。



続きを読む(1/2ページ)

カテゴリ
サービス
業種
不動産業
この企業の新着リリース

MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless <来場者100万人記念 特別展> 「Mika Ninagawa @ teamLab Borderless」 ラフォーレ原宿にて、12月18日(火)から12月22日(土)まで開催決定!

MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless 開業 5 ヶ月で来場者 100 万人を突破! 〜森ビルとチームラボがタッグを組み、東京に新たな磁力を創出〜

森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス 来場者数50万人突破!6月21日のオープン以降、チケット完売続く


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.