「Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs」初年度の助成先を決定
パナソニックグループ

2018年12月17日 11時00分
1/8ページ

【海外助成】イカオ・アコ
拡大
>>


〜SDGs「目標1:貧困の解消」に向けて取り組むNPO/NGOの組織基盤強化を支援〜


パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、世界的な社会課題である「貧困の解消」に向けて取り組むNPO/NGOの組織基盤強化を応援する助成プログラム「Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs」の初年度となる2018年度募集事業の助成先15団体、助成総額1,995万円を決定し、2018年12月17日(月)に公表しました。2018年度の募集には38団体から応募があり、その中から「海外助成」7団体、「国内助成」8団体に助成が決定しています。

海外助成では、アジア、アフリカ諸国、中南米と幅広い地域において、現地に根差した生活改善、教育支援、栄養改善、母子保健、児童労働問題、地雷撤去、環境保全、避難民支援などの社会課題の解決に取り組む団体に助成します。
国内助成では、DV支援、子ども・若者支援、里親支援、触法障がい者支援、ホームレス支援、生活困窮者支援、難民支援など多岐にわたる社会課題の解決に取り組む団体に助成します。

また、本ファンドの前身となる「Panasonic NPOサポート ファンド」の継続助成には、10団体、助成総額1,500万円が決定し、2019年度は「Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs」と合計で25団体に助成総額3,495万円の助成をします。「Panasonic NPOサポート ファンド」の継続助成では、「環境分野」4団体、「子ども分野」5団体、「アフリカ分野」1団体に助成が決定しています。



続きを読む(1/8ページ)

キーワード

その他 - 事業分野別, CSR・環境, 社会貢献, サポートファンド, SDGs, 組織基盤強化, 支援, 助成, 組織診断, NPO

カテゴリ
CSR告知・募集
業種
官公庁・団体製造・メーカー電気・ガス・水道・熱
この企業の新着リリース

「パナソニック パンサーズ」と「ひらかたパーク」がホームタウン枚方(ひらかた)でコラボイベント開催

レッツノートあんどコネクト付きモデル販売開始

パナソニックが業界最大容量 導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサ ZKUシリーズを製品化 〜2019年8月から量産開始


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.