調達の戦略的ソーシング業務を支援するJAGGAER社S2Cアプリケーションを日立の導入ノウハウと組み合わせ「TWX-21 Source to Contractサービス」として販売開始
株式会社日立製作所(ITサービス&プロダクト)

2018年12月6日 17時00分
1/2ページ

調達の戦略的ソーシング業務を支援するJAGGAER社S2Cアプリケーションを日立の導入ノウハウと組み合わせ「TWX-21 Source to Contractサービス」として販売開始
拡大
>>



―JAGGAER社S2Cアプリケーションを導入し、日立グループの調達業務のさらなる高度化を推進―

株式会社日立製作所(以下、日立)は、このたび、サプライヤーの調査から見積もり、交渉、契約までのS2C業務のデジタル化を支援する戦略ソーシングアプリケーション市場のリーディングカンパニー(*1)である米国JAGGAER(以下、JAGGAER社)と、同社のS2Cアプリケーションについて販売代理店契約を締結しました。
(*1):「Gartner 2018 Magic Quadrant for Strategic Sourcing Application Suites」において、実行能力(Ability to Execute)で最高点を記録し、戦略ソーシングアプリケーション市場のリーダーと評価


日立では、本契約に先立ち、日立グループの調達業務改革の一環としてJAGGAER社S2Cアプリケーションを11月6日より導入・本番稼働を開始しており、日立グループ全体のS2C業務の一元管理による業務プロセスの可視化や担当者間のサプライヤーの評価や契約交渉などの知見共有による調達業務のさらなる高度化を推進しています。

今回、この自社導入で得られたノウハウを活用した導入支援サービスとJAGGAER社S2Cアプリケーションを合わせ、「TWX-21 Source to Contractサービス」として12月4日から販売開始しました。

▼詳細はこちら
www.hitachi.co.jp

▼日立ビジネスメディアサービス「TWX-21」Webサイト
www.twx-21.hitachi.ne.jp



◆商標に関する表記
・記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。


記載の情報は、公開日現在の情報です。



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

日立, JAGGAER社, S2Cアプリケーション, 調達業務, 可視化, 知見共有, 高度化, TWX-21

カテゴリ
告知・募集サービス
業種
IT製造・メーカー
この企業の新着リリース

テクノロジーがビジネスを変える!デジタルイノベーションの潮流[日立]

デジタル時代に価値を生み出す勘どころ[日立]

【協創事例】東京駅前常盤橋プロジェクトがめざすまちづくり 〜次世代オフィスに向けた取り組みについて〜[日立]


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.