パナソニックが柔軟な雇用機会の提供をスタート
パナソニックグループ

2018年12月6日 11時00分
1/2ページ



パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、労働市場の変化に対応し、若手を中心により柔軟な雇用機会を提供する「A Better Career」活動をスタートします。

当社は、従来から新卒採用において年齢枠は設けず、広く若手にキャリア選択の機会を提供してきました。加えて、「A Better Career」活動として、次の2点に取り組みます。

(1)社会人経験が少ない方、異業種の経験を積まれてきた方、ベンチャーで多様な経験をしてきた方など、多様なバックグラウンドを持つ方のキャリア採用に、積極的に取り組みます。

(2)従来のジョブリターン(再雇用)に加えて、一度パナソニックに入社した後に別のキャリア経験を積み、再びパナソニックに戻る、出戻りキャリアの受け入れを拡大します。

昨今の労働市場において、2018年9月の有効求人倍率は1.64倍と、44年8カ月ぶりの高水準になっており、売手市場が続いています。加えて、特に新卒採用においては、2018年度のインターンシップの実施予定企業は73.7%(株式会社リクルートキャリア調べ)にのぼるとみられており、企業の採用に関連する活動の早期化が進んでいます。



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

経営・財務・人事, CSR・環境, 採用, セカンドキャリア, 転職, 就職, 雇用, 新卒, 求人, 再雇用

カテゴリ
CSR企業動向
業種
製造・メーカー建設業サービス業
この企業の新着リリース

PanasonicリフォームClubが「オリコン顧客満足度ランキング」で戸建てリフォーム営業担当者の「提案力」「接客力」で第1位

「Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs」初年度の助成先を決定

「LUGGAGE-FREE TRAVEL」が大型免税店や地方空港で利用可能に


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.