茅葺き屋根修復に使う"茅刈り"ワークショップ 学生が挑む「かやぶき古民家保存・再生プロジェクト」
学校法人近畿大学

2018年11月16日 14時00分
1/2ページ

昨年の茅刈りの様子
拡大



近畿大学工学部(広島県東広島市)の准教授 市川 尚紀と同学科の学生ら約50人が、平成30年(2018年)12月9日(日)、東広島市志和町にて、茅葺き(かやぶき)屋根の原料となるススキを刈る「茅刈り(かやがり)」のワークショップを行います。一般の方も参加可能で、収穫した茅は、茅葺き古民家の修繕に使用します。

【本件のポイント】
●学生が茅葺き屋根の原料となるススキ畑作りを実施
●刈り入れた茅は東広島市に残る貴重な茅葺き古民家の保存・修繕に使用
●学生は地域に貢献すると同時に、職人から日本の伝統工法を実地で学ぶ

【本件の概要】
近畿大学工学部建築学科 准教授 市川尚紀は、平成21年度(2009年度)から、地域に残る茅葺き屋根の古民家の保存・再生を目的に、学生と共に「かやぶき古民家保存・再生プロジェクト」に取り組んでいます。平成29年(2017年)には、修繕に必要な茅の確保のため、ススキ畑を作る活動を開始しました。実際に昨年刈り取った茅で、今年5月に豊栄町の古民家の修繕を行いました。
東広島市は茅葺き屋根の古民家が多く現存する、全国的にも希少な地域ですが、ライフスタイルが変化したことに加え、茅葺き職人や茅の不足により、茅葺き古民家は減少しています。そこで、学生と地域住民が協力してススキ畑(茅場)を作り、職人から伝統的な茅葺きの建築技術を学ぶことで、地域に残る古民家の保存を目指しています。



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

工学部, 茅刈り, ワークショップ, ススキ, 茅葺き, 古民家, 修繕, 市川尚紀, 伝統, 体験

カテゴリ
告知・募集
業種
官公庁・団体サービス業
この企業の新着リリース

「近大マグロメンチカツ」新発売 あべのハルカス近鉄本店「近鉄冬の大食品祭」等で限定販売

奈良県×マックス×近畿大学 奈良県産柿を使ったコスメ開発開始

豊岡市公共交通再編プロジェクト 現地調査実施 経済学部 新井研究室が豊岡市で2回目の現地調査へ


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.