「LED非常用照明器具 電源別置型」に直付型高照度タイプを追加
パナソニックグループ

2018年11月8日 13時40分
1/2ページ

【LED非常用照明器具 電源別置型】(直付型高照度タイプ)
拡大
>>



パナソニック株式会社 エコソリューションズ社(以下、パナソニック)は、建設省告示第1830号(※1)改正によるLED化を実現した「LED非常用照明器具 電源別置型」に、直付型高照度タイプ1品番を追加し、2018年12月1日より発売します。本製品は、蓄電池の交換が困難な駅コンコースなどの中天井空間から、百貨店の吹き抜けのような高天井空間や、工場・倉庫・展示場など特に天井高の高い空間まで対応します。

パナソニックは2018年2月に業界で初めて(※2)、建設省告示第1830号改正に対応した電源別置型のLED非常用照明器具(以下、非常灯)を発売し、その後、順次、品種を拡充しています。今回、工場・倉庫・展示場など、天井が高く、直付型が求められる市場に向け、直付型高照度タイプを追加。合計8品番の品ぞろえになりました。なお、パナソニックは2019年3月末に、既存光源であるミニクリプトン電球とハロゲン電球の電源別置型非常灯17品番(蛍光灯を含む)の生産を終了する予定です。

新製品のLED非常灯 電源別置型 直付型高照度タイプは、LED光源を採用し、従来光源のハロゲン電球器具と比較して、消費電力が75 Wから15.4 Wと約1/5(※3)に抑えることができます。また、別置蓄電池の容量や予備電源設備のスペースも抑えることができます。蓄電池を内蔵ではなく、別置にすることで、高天井空間における蓄電池のメンテナンスも容易になります。

パナソニックは、LED非常灯 電源別置型により、ビル全体のオールLED化を推進すると共に、いざという時の安全・安心に貢献していきます。

<特長>
1. LED非常灯 電源別置型の品ぞろえを拡充、合計8品番に



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

住宅関連, プレスリリース, LED, 非常用照明, 非常灯, 高照度, 電源別置型, 直付型, 中天井空間, 高天井空間

カテゴリ
製品技術・開発
業種
製造・メーカー電気・ガス・水道・熱建設業
この企業の新着リリース

【RELIFE STUDIO FUTAKO】「家族一人ひとりに、心地よいくらし」を提案する展示・イベントを開催

パナソニックが「世界遺産・白川郷」に寄贈したLED電球を最新モデルに置き換え

「配送見える化ソリューション」を提供開始


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.