三菱電機インフォメーションシステムズとマディアが協業し、 医薬品の副作用の早期発見・早期対応を支援
三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社

2018年11月9日 11時00分
1/3ページ


〜保険薬局システム「調剤Melphin/DUO」と副作用モニタリング支援サービス「m-SPEHEC」が連携〜


※本ニュースリリースは、三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社、株式会社マディアの共同発表です。

三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社(所在地:東京都港区、取締役社長:牧野 友明、以下MDIS)と、医療業界向けコンサルティング・サービスを展開する株式会社マディア(所在地:東京都港区、代表取締役:古川綾、以下マディア)は、医薬品の副作用の早期発見・早期対応を支援する日本初の新サービスの提供で協業します。
マディアは11月30日から新サービス「m-SPEHEC」(マディア スピーク)を販売開始すると共に、MDISは「m-SPEHEC」と密に連携する保険薬局システム「調剤Melphin/DUO」の連携オプションを同日、発売します。

■協業の狙い
高齢患者は生理学的機能の低下や使用医薬品数の増加等により副作用のリスクが高まる事が、厚生労働省の「高齢者の医薬品適正使用の指針」でも指摘されており、高齢化社会において薬剤師による副作用モニタリングは重要な役割として期待されています。また、「モノ」から「人」へのシフトが求められている薬局業務において、対人業務の重要性がより鮮明になっています。
今回、保険薬局システム「調剤Melphin/DUO」と副作用のモニタリングを支援する「m-SPEHEC」の連携を実現した事により、患者に応じた、副作用の早期発見につながる指導と薬歴への記録までの薬剤師業務の均てん化(注)、効率化を支援します。

注:均てん化



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

副作用

カテゴリ
製品
業種
IT
この企業の新着リリース

電子署名クラウドサービス MELSIGN 新発売

AIを活用し、受発注ソリューションを強化

ブロックチェーン技術をヘルスケア分野で活用したデモを 「CEATEC JAPAN 2018」に出展


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.