「日立人財データ分析ソリューション」を10月31日から提供開始[日立]
株式会社日立製作所(ITサービス&プロダクト)

2018年11月6日 17時00分

「日立人財データ分析ソリューション」を10月31日から提供開始[日立]
拡大



株式会社日立製作所は、これまで把握することが難しかった、社員の生産性や配置配属などに対する意識をデータとして見える化し、人事施策の高度化を支援する「日立人財データ分析ソリューション」を、10月31日から提供開始しました。

本ソリューションは、生産性などの意識を見える化する独自の測定方法によるサーベイの実施だけでなく、そのサーベイで明らかになる意識のデータと、勤怠や出張履歴などの行動データをAIで掛け合わせて分析することで、生産性向上に寄与する新たな要因を導き出します。これにより、社員一人ひとりの強みや課題、配置配属のフィット感などを踏まえ、社員がイキイキと活躍するための意識変革を促すフィードバックや、精度の高い人事施策が可能となります。また、テレワークやRPA(Robotic Process Automation)などさまざまな業務効率化の施策と合わせて本ソリューションを活用することで、より効果的な働き方改革のPDCAサイクルを回すことができ、社員・組織のイノベーションの創出や生産性の向上につなげることが可能となります。

▼詳細はこちら:「日立人財データ分析ソリューション」Webサイト
www.hitachi.co.jp

▼本ソリューションに関するお問い合わせはこちら
www.hitachi.co.jp


◆商標に関する表記
・記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。


記載の情報は、公開日現在の情報です。
予告なしに変更され、閲覧日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。


キーワード

日立, 人財, 働き方改革, 生産性向上, 意識変革, 人事施策, AI分析, HRテクノロジー

カテゴリ
告知・募集サービス
業種
IT製造・メーカー
この企業の新着リリース

プラントメンテナンスショー2019レポート◆電源線・通信線の工事不要でアナログメーターをデジタル化 [日立]

プラントメンテナンスショー2019レポート ◆モーターの状態を電流データで診断。設備の安定稼働と保守コスト低減を実現 [日立]

オープンな協創でイノベーション創出を加速 研究開発拠点「協創の森」 [日立]


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.