岡山理科大の留学生ら 地域の文化祭にマレーシア屋台/珍しい料理で草の根国際交流/売り上げの一部は被災地義援金に
岡山理科大学

2018年11月6日 12時00分
1/2ページ

子どもたちと楽しそうに会話するインターンシップ生、ケイトリン・レイノルズさん(左)と理学部4年のチュ・イメイさん(右)
拡大
>>



岡山理科大学(岡山市北区理大町)で学ぶマレーシアからの留学生2人と米国からの留学生1人を含む学生12人が、近くの岡山市立津島小学校で2018年11月4日に開かれた「津島の文化祭2018」(津島学区コミュニティ協議会主催)に「マレーシア屋台」を出店し、草の根国際交流に一役買いました。

文化祭では、小中学生による吹奏楽演奏やダンス発表、地域の皆さんによる演武やフォークダンス、パンフラワーが作れる体験コーナーなど様々な催しが行われ、にぎわいました。
 
マレーシア屋台のメニューは2品。豚肉やエビ、野菜、米粉麺を東南アジアで使われる料理用ソース「ケチャップマニス」で炒めた焼きそば「チャークイティオ」と、紅茶とコンデンスミルクを混ぜた「テタレ」です。どちらもマレーシアの食卓では欠かせない品で、会場には独特の芳ばしい香りが漂い、珍しい料理と相まって次々に人が集まりました。

「とっても美味しいからぜひ食べてみて!」と地域の方が一緒に呼びかけてくれる一幕もありました。調理の合間には、地域の子どもたちと英語で会話したり、即席のマレー語講座を開いて親睦を深めました。ちなみに、マレー語で「テ」は“紅茶”、「タレ」は“引っ張る”という意味があるそうです。

屋台の売り上げの一部は、日本赤十字社の西日本豪雨災害義援金に寄託されます。
                   ◇



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

加計学園, 岡山理科大学, 留学生, マレーシア屋台, 津島の文化祭2018, チャークイティオ, テタレ, 義援金

カテゴリ
その他
業種
官公庁・団体
この企業の新着リリース

岡山理科大3年・橋本さんに「地方創生レファレンス大賞」特別賞 倉敷市児島の映像資料作成で岡山県立図書館と共同受賞

岡山理科大で教職志望の学生対象に岡山県教委のコンプライアンス講座/法令順守の大切さ再認識

ハロウィーン・パーティー盛り上がる


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.