半水耕栽培サツマイモの収穫授業 "オール近大"川俣町復興支援プロジェクト
学校法人近畿大学

2018年10月25日 14時00分
1/3ページ

鉢底に水を張る空中半水耕栽培サツマイモ
拡大



近畿大学生物理工学部(和歌山県紀の川市)生物工学科教授鈴木高広は、平成30年(2018年)10月31日(水)と11月1日(木)に、福島県伊達郡川俣町の幼稚園と小学校で、サツマイモの大量生産を目的としたポット鉢半水耕栽培法を用いたサツマイモの収穫授業を行います。

【本件のポイント】
●「"オール近大"川俣町復興支援プロジェクト」として、川俣町の小学校や幼稚園で、ポット鉢を用いた底面給水栽培によるサツマイモの栽培授業を実施
●地面から離して栽培する空中栽培法は、土壌汚染の心配がなく、ポット鉢の底面から給水する半水耕栽培法と組み合わせることで、通常の露地栽培の3〜5倍量の収穫が期待
●今回の栽培教室を通じてイモの栽培方法を子どもたちに伝え、川俣町での普及を目指す

【本件の概要】
近畿大学は、川俣町復興支援として取り組んでいる「"オール近大"川俣町復興支援プロジェクト」の一つとして川俣町の小学校、幼稚園、保育園を対象にサツマイモ空中栽培実習を実施しています。川俣の子どもたちが、イモの栽培を通して未来への夢と希望を育ててもらうことを目的として行っており、毎年大きなイモが収穫できるようになっています。
ポット鉢を用いる底面給水栽培法は、生物理工学部教授 鈴木 高広により、空中栽培法における土壌の乾燥を防ぐために開発された新たな改良栽培法です。日光を無駄なく利用し、効率良く光合成を行うことができる空中栽培法に、底面給水法を用いることで、露地栽培の3〜5倍の収穫率を見込むサツマイモ生産を安定化することに成功しました。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

生物理工学部, 川俣町, サツマイモ, 収穫, 授業, ポット鉢半水耕栽培法, "オール近大"川俣町復興支援プロジェクト, 空中栽培法, 栽培学習教室, 鈴木 高広

カテゴリ
告知・募集その他
業種
農業官公庁・団体サービス業
この企業の新着リリース

「すもーく大豆 近豆版」を新発売 農学部の学生が大豆生産やパッケージシールのデザインを担当

「古関 裕而×川俣町×近畿大学PR展」開催

養殖魚専門料理店「近畿大学水産研究所 はなれ」 6月17日(水)JR東京駅「グランスタ東京」新エリアにオープン!


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.