福島県川俣町の新設ビニールハウスにてアンスリウム定植体験 農学部の学生と川俣町の小学生らが参加
学校法人近畿大学

2018年10月15日 14時30分
1/4ページ

ビニールハウスでのアンスリウム栽培の様子
拡大



近畿大学(大阪府東大阪市)は、平成30年(2018年)10月22日(月)、福島県川俣町のビニールハウスにて、農学部の学生・院生5名と川俣町立福田小学校など5校の小学校の児童らによるアンスリウム定植体験を行います。

【本件のポイント】
●近畿大学と包括連携協定を締結している福島県川俣町での復興支援活動の一環で実施
●ポリエステル媒地活用推進組合との共同で大量生産が整うアンスリウムをPR
●大学生・院生、児童らがアンスリウム定植体験を行うことにより、地域事業に貢献

【本件の概要】
近畿大学は「"オール近大"川俣町復興支援プロジェクト」の一環として、平成25年(2013年)に川俣町にビニールハウスを設置し、本学教員が指導のもとポリエステル媒地を使用したアンスリウムの栽培支援と研究を継続的に行なっています。
町内の栽培気運が高まってきたことで、地元住民が「ポリエステル媒地活用推進組合」を立ち上げ、アンスリウムの本格生産に向けて活動してきました。
この度、組合が町内に9棟のビニールハウスを建設し、アンスリウムの大量生産体制が整う事を記念して、農学部の学生・院生5名に加え、アンスリウムのマスコットキャラ作りで本学と交流のある川俣町立福田小学校の児童14名とその他の小学校の児童らがアンスリウムの苗を苗床から移し替える定植体験を行います。

■日 時:平成30年(2018年)10月22日(月)10:00〜11:30
■場 所:福島県川俣町おじまふるさと交流館(福島県伊達郡川俣町大字小島字町畑12)
     ※ビニールハウスは同施設に近接しています。
■参加者:社会連携推進センター教授 田中 尚道



続きを読む(1/4ページ)

キーワード

大学, 福島県, 川俣町, "オール近大"川俣町復興支援プロジェクト, アンスリウム, 定植, 体験, 復興支援活動, PR, 地域事業

カテゴリ
告知・募集その他
業種
官公庁・団体サービス業
この企業の新着リリース

「すもーく大豆 近豆版」を新発売 農学部の学生が大豆生産やパッケージシールのデザインを担当

「古関 裕而×川俣町×近畿大学PR展」開催

養殖魚専門料理店「近畿大学水産研究所 はなれ」 6月17日(水)JR東京駅「グランスタ東京」新エリアにオープン!


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.