チェコでヒートポンプ式温水暖房機の生産を開始
パナソニックグループ

2018年10月11日 10時30分
1/2ページ



パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、欧州市場における空調暖房事業強化に向けて、チェコ共和国・ピルゼン市にある、パナソニックAVCネットワークス チェコ有限会社(以下、PAVCCZ)において、家庭用ヒートポンプ式温水暖房機の生産を、2018年10月より開始しました。

大気中の熱を集めて利用するヒートポンプ式温水暖房機は、化石燃料を用いた従来の燃焼系暖房に比べてCO2排出量を抑えることができる環境に優しい暖房システムとして、欧州市場で需要が伸びています。パナソニックはこれまで、マレーシアの空調機器工場から欧州に輸出していましたが、AV機器の生産拠点であるPAVCCZを活用した地産地消に切り替えることでリードタイムを短縮するとともに、ドイツにある欧州空調販売会社 パナソニックAPエアコンヨーロッパとの連携を強化して市場ニーズの変化を捉え、迅速に対応していきます。

パナソニックが欧州で販売するヒートポンプ式温水暖房機「Aquarea」は、室外機仕様違いの3タイプ(All in One、Bi-bloc、Mono-bloc)に加え、北欧などの寒冷地対応の高暖房モデル(T-Cap)や静音性の求められる地域に対応した高静音モデル(Super Quiet)など、欧州各国のさまざまなニーズに多様な品揃えで対応しています。パナソニックの「Aquarea」は新築のみならず既築の燃焼系暖房の置き換えとして、欧州における再生可能エネルギー活用の促進に貢献します。



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

家電(個人向け商品), プレスリリース, ヒートポンプ式温水暖房機, 欧州, 空調事業, 再生可能エネルギー, 北欧, チェコ共和国, 地産地消, 空質空間

カテゴリ
企業動向製品
業種
電気・ガス・水道・熱サービス業製造・メーカー
この企業の新着リリース

パナソニックと慶應義塾大学が新規事業アイディア創出の共同プロジェクトを実施〜プロトタイプを「Slush Tokyo 2019」に出展

東京2020 500日前に向け、「つながろう、TOKYO 2020 500 Days to Go! ファンランフェスティバル in 大阪城」を開催

パナソニックのFUTURE LIFE FACTORYが「EXPANDED SMALL-豊かさを拡げる2030年のくらし展-」を開催


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.