【株式会社オルツ】東京大学大学院教授 橋田 浩一氏 顧問就任のお知らせ
株式会社オルツ

2018年10月2日 11時00分
1/2ページ

東京大学大学院教授 橋田 浩一氏 顧問就任のお知らせ
拡大



P.A.I.(パーソナル人工知能)『al+(オルツ)』を開発する株式会社オルツ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:米倉千貴)は、東京大学大学院情報理工学系研究科 ソーシャル ICT 研究センター 教授 橋田 浩一 (はしだ こういち)氏の顧問就任をお知らせします。

かねてより当社は、 「データの主権を個人に取り戻す」という見地から、al+ stack(オルツ・スタック)分散型個人データ・プラットフォームを設計・開発してまいりました。これは、個人にまつわるテキストや画像などのさまざまなデータを、暗号化技術およびブロックチェーン技術により、機密性を保ち改竄不可能な状態で保管し、データ主体の本人のみがそれへのアクセスをコントロールできる、非中央集権型の仕組みです。

この度、国際的な人工知能の研究者であり、パーソナルデータストア(PDS)の先導者でもある東京大学大学院の橋田教授に顧問として参画頂き、PDSをベースにしたビジネスモデル検討など、より広い観点から個人データに関連する技術・仕組みの深化と実装に取り組みます。

個人データの取り扱いについては、EUの 「一般データ保護規則(GDPR: General Data Protection Regulation)」の施行に際し、日本とEU双方向の個人データ越境流通の枠組が検討されるなど、個人データの国際取引の拡大が期待されています。当社は今後も、al+ stackの提供をベースに、個人データを基にしたビジネスモデルの発展に寄与してまいります。


【橋田 浩一氏 略歴】

東京大学 大学院情報理工学系研究科 ソーシャルICT研究センター 教授
1981年 東京大学理学部情報科学科卒



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

人工知能, AI, パーソナルデータストア, PDS, GDPR, パーソナルデータ, NLP, 分散コンピューティング, 個人データ, 自然言語処理

カテゴリ
人事
業種
IT
この企業の新着リリース

alt Inc. Presents Research Results on Fine-Grained Named Entity Recognition at COLING 2018

人工知能開発のオルツ 計算言語学の国際会議COLING2018にて拡張固有表現認識の研究成果を発表

【特許取得に関するお知らせ】株式会社オルツ ビッグデータなしに個人の特徴を表出する技術に関する特許を取得


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.