パナソニックが開発したマルチホップ「HD-PLC」が、台湾電力のスマートメータ通信方式に採用
パナソニックグループ

2018年9月25日 13時40分
1/2ページ



パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、高速電力線通信技術「HD-PLC」(※1)を、台湾電力の次世代スマートメータで用いる通信方式の一つとして提案し、採用が決定しました。

台湾電力は、2017年6月に通信方式に関わる技術の提案募集を開始し、同年9月に台北市内で最新の無線技術や電力線通信技術の実証試験を実施しています。そして、2018年12月より、台湾の主要都市約26万世帯へスマートメータの導入を進める予定です。その中で、「HD-PLC」技術は求められていた高い性能基準を達成し、台北地域などに当該技術を搭載したスマートメータの導入が行われます。

スマートメータは、データ収集の頻度を高め、電力需給に応じた細かい制御を行うため、より安定した通信性能が求められています。「HD-PLC」技術は、これらの要求を満たすことができ、今後、世界中で導入が進むスマートメータやスマートシティ構想におけるIoT通信のインフラ整備に貢献することが期待されます。

<実証実験の概要>
台湾電力での実証試験の概要は以下の通りでした。
・各々のスマートメータから電力会社のデータ収集センターまでの通信性能を評価するため、15分間隔でデータ収集率99%の性能が必要
・スマートメータの設置条件は、戸建て住宅の軒先に設置されるパターンや、商業ビルやマンションなどの地下室に全戸のメータが設置されるパターンなど様々な状況下での評価を実施



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

デバイス, プレスリリース, 企業・法人向けソリューション, 技術・研究開発, スマートメータ, IoT, HD-PLC, 台北, 台湾電力, スマートシティ

カテゴリ
業績報告サービス技術・開発
業種
IT電気・ガス・水道・熱製造・メーカー
この企業の新着リリース

「LUGGAGE-FREE TRAVEL」が大型免税店や地方空港で利用可能に

「アラウーノアプリ」がアップデート〜IoT連携機能の「みまもりモニタ」「お通じモニタ」が追加

パナソニック HDペットカメラが Google アシスタント への対応開始〜スマートスピーカーで音声操作が可能に


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.