鞆中学校へ、観光ボランティアガイド育成のための「英会話特別授業」を支援
公益財団法人ツネイシ財団

2018年8月27日 16時00分
1/2ページ

ビデオ通話アプリ「フェイスタイム」を使い、オーストラリアで高校の校長を勤めるアラン・ロフさんと対話学習
拡大
>>



 公益財団法人ツネイシ財団(所在地:広島県福山市沼隈町常石1083番地、代表理事:伏見泰治、以下ツネイシ財団)は8月21日、福山市立鞆中学校(以下鞆中学校)が3年生を対象に行った英会話の特別授業を助成しました。

 鞆中学校では、十数年前より地域貢献の一環として、生徒が地元の観光地「鞆の浦」を案内する観光ボランティアガイドの活動に取り組んでいます。近年の外国人観光客の増加を受け、2015年からは英語による観光ガイドにも対応できるよう、英語教育に力を入れています。

 福山市立大学と連携して行う特別授業は、昨年に続き2回目で、今回はオーストラリア、フィリピンに在住するネイティブ講師をビデオ通話アプリで繋いで行われました。参加した11人の生徒たちは、自己紹介をはじめ、食文化や地理、気候の違いを話すなど、積極的なコミュニケーションを図っていました。

 福山市立大学の伊澤幸洋副学長は、「ツネイシ財団さまのご支援のおかげで、鞆中学校の生徒に英会話特別授業を実施することができ、大変感謝しています。ネイティブスピーカーと積極的なコミュニケーションを取ることは、英語力を高めるうえで重要と言われています。今回、学んだ英語を観光ボランティアガイドで活用していただけたらと思います。皆さんの輝かしい未来が、世界と広くつながることに期待します」と話しました。



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

常石グループ, ツネイシ財団, 鞆中学校, 観光ボランティア活動, 英語学習, 国際交流, グローバル社会支援活動, 英会話, 福山市立大学, 多文化共生の推進

カテゴリ
CSR
業種
物流・運輸
この企業の新着リリース

ツネイシ財団 日本・パラグアイ外交関係樹立100周年記念コンサートを助成

公益財団法人ツネイシ財団 2019年度下半期 助成事業募集のご案内 〜募集期間:6月1日〜6月30日〜

ツネイシ財団 福山市立大学主催の「英語プレゼンテーション大会」を助成


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.