「カラダきらめく甘酒アミノプラス」発売 近畿大学×ウエルシア薬局株式会社 産学連携商品
学校法人近畿大学

2018年8月1日 11時30分
1/2ページ

商品パッケージ
拡大



近畿大学(大阪府東大阪市)は、米麹から作った「カラダきらめく甘酒アミノプラス」をウエルシア薬局株式会社(東京都千代田区)と共同開発しました。平成30年(2018年)8月8日(水)から、全国のウエルシア薬局で順次販売される予定です。

【本件のポイント】
●近畿大学薬学部と大手ドラッグストアチェーンが産学連携によって健康飲料を開発
●筋肉のもとになるたんぱく質のロイシンをはじめとする9種類の必須アミノ酸「Amino L40」を配合
●アミノ酸類が製造後もしっかり残存していることを本学薬学部で確認

【本件の概要】
「カラダきらめく甘酒アミノプラス」は、近畿大学薬学部医療薬学科の多賀淳准教授とウエルシア薬局株式会社との共同開発によって完成した、米麹から作った甘酒です。日本では高齢化社会の進行とともに、サルコペニア(筋肉量の減少により身体機能が低下する状態)患者が増加しています。そこで、高齢者に馴染みの深い栄養補助食品として注目されている甘酒に着目しました。また、米麹の甘酒は腸内環境の改善や美肌効果が期待されることから、近年女性からの人気も高まっています。この麹の甘酒に、筋肉のもとになるたんぱく質の材料であるロイシン高配合の「Amino L40」を加えることで、カラダのケアに最適な飲料を開発しました。本学薬学部では、アミノ酸を甘酒に添加した場合の製造後のアミノ酸残存確認を行いました。一般的に、甘酒というと暖かい飲み物を連想しますが、本商品はすっきりとした風味で、子供から高齢者まで楽しめる清涼飲料水に仕上がっており、ホットでもアイスでも美味しくいただけます。



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

大学, 薬学部, ウエルシア薬局, カラダきらめく甘酒アミノプラス, 共同開発, アミノ酸, 米麹, Amino L40, 産学連携, 多賀淳

カテゴリ
告知・募集
業種
官公庁・団体サービス業
この企業の新着リリース

商店街に「にぎわい」を!エリア拡大して行う第2弾 学生によるしんいいづか商店街デザイン実験

受験生向け「秋のオープンスクール」開催 入試対策講座・「すべらない授業」で万全の入試対策を

日露青年フォーラム2018 開催 学生を含む日露の若者が未来の協力関係について議論


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.