「なら近大農法」で栽培したミニトマトを初出荷 奈良県との連携事業「農の入口」モデル事業の一環として
学校法人近畿大学

2018年7月4日 14時00分
1/3ページ

ICTを設置した温室
拡大



近畿大学農学部(奈良県奈良市)は、平成30年(2018年)7月11日(水)、学内のICT(情報通信技術)設置温室で栽培したミニトマトを初収穫・出荷します。
本件は、奈良県と覚書を取り交わした「農の入口」モデル事業の一環として行われ、市場評価など販売を通して得られたデータをより良い栽培法の確立に役立てます。

【本件のポイント】
●ICTの利用により自動化された温室で栽培したミニトマトを初収穫、初出荷
●ミニトマトを出荷し、市場の評価を調査・解析することで農法の向上をめざす
●新規就農促進のため、栽培から販売まで最先端農業一連の過程を学ぶ場を提供

【本件の概要】
近畿大学農学部は、平成29年(2017年)9月に、奈良県と「農の入口」モデル事業に関する覚書を取り交わしました。本事業では、農業参入に関心のある学生に円滑な就農を支援するモデルづくりを行うため、近隣農地や農学部内に実践圃場を設置し、ユニバーサル農法(ローテク)とICT農法(ハイテク)を利用した「なら近大農法」の確立をめざしています。今年4月には、近畿大学農学部内にICT農法を利用した実践圃場が完成し、内覧会を実施しました。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

農学部, ICT, ミニトマト, 初収穫, 出荷, 農の入口, 栽培法, 確立, モデル事業, 野々村照雄

カテゴリ
告知・募集調査・報告
業種
官公庁・団体サービス業農業
この企業の新着リリース

学生制作のシステムで、地元農作物の売り上げ増に貢献 JAとなりの農家で学生による実証実験開始

セミデマンド交通システムの実証実験第2弾 豊岡市資母地域において、低コストで便利な住民用乗合バス運行

「創作の現場」クリエイターとして食べていくこととは! 国際的に活躍する卒業生によるトークイベント開催


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.