パナソニックが提案した次世代PLC技術がIEEE P1901.3 委員会のベースライン仕様として承認
パナソニックグループ

2018年6月29日 10時30分
1/2ページ



パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、周波数帯域を利用状況に応じて制御することにより、通信距離の拡張および通信速度を切り替える機能を持つ、スケーラブルな第四世代の「HD-PLC」(注1) 技術をIEEE標準化委員会(注2)に提案し、本技術をベースライン技術とする仕様書がIEEE P1901.3ワーキングドラフトとして承認されました。

今回承認されたベースライン技術には、パナソニックの独自技術であるWavelet OFDM方式が既にIEEE 1901規格として採用されています。そして新たに、この方式(以下、標準モード)をベースに、利用通信帯域を2段階(標準モードの2倍・4倍)で広げる新機能を搭載しています。2倍モードでは500 Mbps(注3)の通信速度を実現し、同軸線や専用線の利用を前提とする4倍モードでは、最大1 Gbps(注3)の通信速度を実現します。さらに、利用通信帯域を標準モードから2段階で縮小(1/2倍・1/4倍)することも可能です。通信帯域を縮小させると、通信速度は低下しますが、狭い帯域にエネルギーを集中させることで、標準モードの最大約2倍(注4)の通信距離を実現します。通信速度のモードを切り換えることにより、ユーザー毎のニーズにも柔軟に対応することができ、「HD-PLC」の活用範囲が広がります。

IEEE P1901.3は、IoT(Internet of Things) PLCとして称される技術で、家庭内だけでなく、ビル内や工場をはじめ社会インフラまでをカバーする大規模ネットワークにも対応し、今後、幅広い分野への応用が期待されます。



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

デバイス, プレスリリース, HD-PLC, 次世代PLC技術, IEEE標準化委員会, ベースライン技術, IoT, 国際標準, 高速電力線通信方式, 企業・法人向けソリューション

カテゴリ
製品技術・開発サービス
業種
IT電気・ガス・水道・熱
この企業の新着リリース

家電リサイクル工場で使用する電力を100 %再生可能エネルギーに切り替え

パナソニックが「帳票OCR for RPA」を提供開始〜RPA連携機能の強化で紙文書のエントリー業務自動化を支援〜

ボックス型ハイエンドスイッチ「ZEQUO(ゼクオ)」シリーズ 2機種、PoE Plus給電スイッチングハブ「FA-ML4TPoE+」を新発売


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.