藤沢駅前の「にぎわい創出実験」におけるストリートサイネージ(R)の活用について
パナソニックグループ

2018年6月26日 14時00分
1/3ページ

藤沢駅前の「にぎわい創出実験」におけるストリートサイネージ(R) 設置イメージ(藤沢市提供)
拡大
>>



パナソニック株式会社とパナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社(以下、パナソニック株式会社と合わせて「パナソニック」)、東京電力パワーグリッド株式会社と東電タウンプランニング株式会社(以下、東京電力パワーグリッド株式会社と合わせて「東電PG」)は、2018年6月29日(金)から、東京2020オリンピックのセーリング競技会場(江の島)となる神奈川県藤沢市と協力し、同市が街の活性化や回遊性の向上を目的に取り組む「サンパレットにぎわい創出社会実験」において、東電PGが所有する歩道上の配電地上機器(※1)を活用したデジタルサイネージ(※2)による情報発信を開始します。

パナソニックと東電PGは2017年5月より配電地上機器を活用した情報配信等に関して、共同で企画・開発を進めています。
今回は、その実証実験として、藤沢市の藤沢駅北口前の自転車歩行者専用道「サンパレット」にパナソニックと東電PGが共同で企画・開発する「ストリートサイネージ(R)」(※3)の実証機を設置します。

本実証実験では、2018年6月29日(金)から2019年3月までの間、サンパレットに設置されている2台の配電地上機器のうち、1台の上部にストリートサイネージ(R)を設置し、市のイベント情報や観光情報を発信します。残る1台では、設置と撤去が簡単にできるカバー型のサイネージ装置を使った情報発信の実験も予定しています。2020年に向けた街のアピールとしても活用し、にぎわい創出に役立てます。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

その他 - 事業分野別, 提携・共同発表, デジタルサイネージ, 駅前, 配電地上機器, 情報発信, 誘導, 防災, 案内, 実証実験

カテゴリ
サービス技術・開発
業種
電気・ガス・水道・熱製造・メーカーサービス業
この企業の新着リリース

自治体や大学と連携して、地域の魅力を伝える動画祭「LUMIX MOVIE FESTIVAL」を開催【LUMIX CLUB PicMate】

カーバッテリー「caos(カオス)」シリーズをリニューアル発売

パナソニックがインドで炊飯器事業30周年


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.