公益財団法人ツネイシ財団 非営利団体「フレンドシップフォース広島」の国際交流活動を助成
公益財団法人ツネイシ財団

2018年6月27日 11時00分
1/2ページ

常石グループ施設を訪れた計35人のフレンドシップフォース参加者
拡大
>>



 公益財団法人ツネイシ財団(所在地:広島県福山市沼隈町常石1083番地、代表理事:伏見泰治)は、グローバル社会化活動および文化伝統支援の一環として、国際交流と多文化共生の推進を目的とする非営利団体「フレンドシップフォース広島」の活動を助成しました。この活動は、アメリカ、ロシア、オーストラリアから訪れた外国人に対して4泊5日のホームステイを通じ、福山を中心とした広島県内の各所を巡り国際交流を図るというものです。プログラム中の6月14日には常石グループの施設に日本人ボランティアを含めた計35人を迎え、施設見学を行いました。

 "フレンドシップフォース" とは、ホームステイを通じてお互いの国の文化や習慣を知ることにより友情を深め、世界平和を目指す国際交流の非営利団体で、アメリカのアトランタに国際本部を置き、世界70ヶ国に350以上のクラブがあります。「フレンドシップフォース広島」 は日本国内のクラブの一つとして、広島県内を中心に市民との交流、学校・企業訪問のほか、地域との交流や見学・観光を行っています。

 常石グループの施設見学では常石造船を訪れ、同社が建造する大型船の概要や船の建造工程などについて学びました。参加者は、日本が誇る重厚長大の代表的産業とも言える造船業の話しに熱心に耳を傾け、船づくりのスケールの大きさに感心を寄せていました。次に訪れた“神勝寺 禅と庭のミュージアム”では、国際禅道場での坐禅体験や湯豆腐などの日本料理を味わったほか、豊かな自然の中に点在する伽藍や庭を散策し、記念撮影をしながら日本庭園の美しさに感嘆の声を上げていました。



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

常石グループ, ツネイシ財団, 神勝寺, フレンドシップフォース広島, 常石造船, 国際交流, グローバル社会支援活動, 日本伝統文化, 非営利団体, 多文化共生の推進

カテゴリ
CSR
業種
物流・運輸
この企業の新着リリース

公益財団法人ツネイシ財団 2018年度下半期 助成事業の募集を開始 -募集期間:7月1日〜7月31日-

公益財団法人ツネイシ財団 医療ケアが必要な子どもたちに大道芸で笑顔を届ける

公益財団法人ツネイシ財団 2018年度上半期 助成事業の募集を開始 -募集期間:4月1日〜4月30日-


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.