日本英語模擬国連(JEMUN)2018を開催 国内外、342人の学生が国際問題について英語で議論する3日間
学校法人近畿大学

2018年6月15日 14時00分
1/4ページ

昨年度大会での議論の様子
拡大



近畿大学国際学部(大阪府東大阪市)は、平成30年(2018年)6月22日(金)〜24日(日)近畿大学東大阪キャンパスにて、「日本英語模擬国連(Japan English Model United Nations・JEMUN)2018」を開催します。模擬国連は学生一人ひとりが一国の代表を務め、国際問題などについて議論する催しです。今回は23カ国29大学、12高校・各種学校の学生が集まり、国際問題となっている「貧困と飢餓」について英語で議論します。

【本件のポイント】
●世界中から集まった学生が「貧困と飢餓」に関して英語で議論する
●8人のゲストスピーカーによる英語での講演会を実施
●数か月にわたる担当国の政治情勢や経済状況などのリサーチを通して、学生は国際社会への理解、交渉力を得る

【本件の概要】
近畿大学で開催される「日本英語模擬国連」では、海外大学からの大学生や高校生を含む、23カ国29大学から290名、12高校・各種学校から52名(うち海外6大学、4高校)の学生と36名の教員アドバイザーが参加します。今年のテーマは、「HEALTHY NOT HUNGRY(飢餓撲滅と健康増進:2030年までにあらゆる貧困と飢餓に終止符を打つこと)」で、このテーマに関連した議題について議論や講演会が行われます。

■日時:平成30年(2018年)6月22日(金)〜24日(日)
■場所:近畿大学東大阪キャンパス(ACADEMIC THEATER)
    (大阪府東大阪市小若江3-4-1:近鉄大阪線「長瀬」駅から徒歩約10分)

【プログラム】
6月22日(金)9:00〜20:00
開会式と基調講演(12:55〜14:15)
模擬国連会議セッション(10:30〜12:00、14:30〜18:00)
懇親会(18:15〜20:00)

6月23日(土)9:00〜20:00
講演会(9:00〜9:45)6会場同時開催



続きを読む(1/4ページ)

キーワード

国際学部, 日本英語模擬国連, 開催, 国際問題, 貧困, 飢餓, 議論, 講演会, 国際社会, 安田 直史

カテゴリ
告知・募集
業種
官公庁・団体サービス業
この企業の新着リリース

近畿大学グローバルエデュケーションセンター開設 グローバル化に関する組織を一元化し、大学の世界的発展をめざす

“社会への実践”を重視した「情報学研究所」を開設 情報系新学部設置も視野に入れ、スタート

近畿大学体育会相撲部 新監督就任 新体制で全国学生相撲選手権大会 団体優勝を目指す


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.