「みなと防災フェスタ」を六本木ヒルズで初開催 4Dで災害疑似体験ができる最新鋭のVR防災車も登場
森ビル株式会社

2018年6月13日 16時00分
1/2ページ



森ビル株式会社は、六本木ヒルズで、港区と共催となる「みなと防災フェスタ」を6月17日(日)に初開催します。本イベントは、区民の約8%にあたる約2万人もの外国人が居住する港区エリア全体の防災力向上を目的として、全16種類の体験や展示コーナーを設置。港区国際防災ボランティア(※1)による英語での解説に加えて、近年全国の自治体でも導入が始まっている「やさしい日本語(※2)」を用いて、震災対策や防災に関する参加者の意識の向上と基礎知識の習得を推進します。また、2018年に運用開始されたばかりのヘッドマウントディスプレイを装着した、地震・火災・風水害の災害を疑似体験できる最新鋭の「VR防災車」も登場します。

<みなと防災フェスタ ご取材概要> 
【日時】 2018年6月17日(日) 11:00〜15:00
【場所】六本木ヒルズアリーナ
【内容】災害時体験(VR防災車、起震車、がれき救出訓練、けむり体験など)
    防災知識習得(六本木ヒルズの防災機能見学、AED、初期消火体験など)

当社は、「逃げ出す街から逃げ込める街へ」をコンセプトに、引き続き、港区をはじめ、大使館や、インターナショナルスクールなどの近隣関係機関とも連携し、外国人にとっても安全・安心な街づくりを推進してまいります。

(※1)港区国際防災ボランティアとは
外国人区民等への災害情報の提供及び円滑な支援体制整備を目的に、港区が募集する有事の際の通訳ボランティア。
(※2)「やさしい日本語」とは
1995年の阪神・淡路大震災の際に、多くの外国人に対して避難所の場所などの情報が伝わらなかったことがきっかけとなって考案。



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

外国人, やさしい日本語, みなと防災フェスタ, 港区, 森ビル, 六本木ヒルズ, VR防災車

カテゴリ
告知・募集
業種
不動産業
この企業の新着リリース

【六本木ヒルズ】今秋、プレミアムダイニングフロア&フードホールが誕生!

夏至の日、6月21日よりスタート 森ビル施設33棟で「ライトダウンキャンペーン」実施

夏休みに親子で無料で学べる体験型プログラム 「ヒルズ街育プロジェクト」 夏のヒミツ探検ツアー開催


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.