パナソニックのトレーニング機器「コアトレチェア」を用いた運動が糖代謝に及ぼす急性効果を実証
パナソニックグループ

2018年6月1日 15時00分
1/2ページ

 トレーニング機器「コアトレチェア」EU-JC70
拡大
>>



パナソニックは、座ってバランスをとるだけで体幹トレーニングができる「コアトレチェア(EU-JC70)」を発売しています(2017年2月発売)。このたび、コアトレチェアを用いた運動(コアトレ運動)が糖代謝へ及ぼす急性効果が実証され、2018年5月26日(土)、その実証結果が「第61回 日本糖尿病学会年次学術集会」において発表されました。

本研究は愛知学院大学 心身科学部 健康栄養学科 教授 宇野智子氏、愛知みずほ大学 教授 佐藤祐造氏ほか(※1)により、他動式体幹運動機器を用いた運動が糖代謝に及ぼす急性効果についての検討を目的に、グルコースクランプ法(※2)にて検証され、以下のとおりまとめられました。

・コアトレ運動30分は歩行30分とほぼ同等の運動効果である
・コアトレ運動では坐位において深層筋の他動的運動負荷を行うことにより、深層筋の筋収縮が誘発され、これによって、筋におけるエネルギー需要が高まり、糖代謝の亢進がもたらされたと推察される
・コアトレ運動の食後実施は糖尿病患者の食事による血糖上昇を抑制し、血糖コントロール状態の改善が今後期待できる

以上の実証結果により、コアトレ運動が糖尿病の運動療法として有用である可能性が示唆されました。

【お問い合わせ先】
愛知みずほ大学 学長・教授 佐藤祐造氏
電話:052-882-1123
メールアドレス:uz-sato@mizuho-c.ac.jp

※1:
宇野智子(愛知学院大学 心身科学部 健康栄養学科) 
長岡大(愛知学院大学 心身科学部 健康科学科)
梶岡多恵子(東海学園大学 教育学部 教育学科)
佐藤祐造(愛知みずほ大学)
(敬称略)



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

家電(個人向け商品), 技術・研究開発, 糖尿病, 対外評価・受賞・認定, フィットネス, コアトレチェア, 糖代謝, 急性効果, 血糖上昇抑制, 運動療法

カテゴリ
業績報告製品調査・報告
業種
サービス業製造・メーカー
この企業の新着リリース

パナソニックセンター大阪が民泊向け住空間展示をリニューアル〜空き家を活用し、日本文化が体験できる”民泊リフォーム”を提案

パナソニックが「映像空間ライブ配信ソリューション」の実証を開始〜没入感のある迫力の360度映像の遠隔配信による、新たな視聴体験の実現をめざして〜

「第22回 機械要素技術展」〜パナソニックブースの展示概要と見どころ


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.