【6月1日から受付開始】「奈良市健康エコハウス補助金」を創設
奈良市役所

2018年5月28日 17時15分
1/3ページ

「奈良市健康エコハウス補助金」の詳細
拡大



 省エネ・省資源施策の一環として、平成24年度から行っている雨水タンク設置補助に加え、今年度から新たに「家庭用燃料電池式コージェネレーション」、「家庭用リチウムイオン蓄電池」、「窓断熱」を設置した方に対する「奈良市健康エコハウス補助金」を創設、交付申請を下記のとおり6月1日から受け付けます。

◆本市では、温室効果ガス排出量を2030年度に2013年度比30%減を目指している。
◆「家庭」全体での年間20万t-CO2の削減に向けて制度を創設。
◆家庭用燃料電池式コージェネレーションによる温室効果ガス削減効果は、1.9t-CO2
◆事業名の「健康」は、「窓断熱」により、家屋内での温度差によるヒートショックを抑え、脳血管疾患や心疾患を予防するといった効果も期待したもの。


【事業の概要】

○補助対象設備と補助金額(同一の住宅につきそれぞれ1回限り)

〔新規〕(1)家庭用燃料電池式コージェネレーション(停電時自立運転機能を有するものに限る)
・設備本体及び設置に係る費用(上限70,000円)

〔新規〕(2)家庭用リチウムイオン蓄電池
・設備本体及び設置に係る費用と、蓄電容量(キロワット時表示で、小数点以下第2位以下を切り捨てる)に2万円を乗じて得た額を比較して少ない方の額(上限80,000円)

〔新規〕(3)窓断熱
・設備本体費、材料費、施工にかかる労務費及び諸経費の合計額(合計額200,000円以上で、新築・増築を除く。)(上限100,000円)

(4)雨水タンク
・雨水タンクの購入費と配送費の2分の1(上限20,000円)



○補助金の交付を受けることができる方

《家庭用燃料電池式コージェネレーション・蓄電池・窓断熱》



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

奈良市, エコハウス, コージェネレーション, リチウムイオン, , 断熱, 雨水タンク, 環境, 補助, 蓄電池

カテゴリ
サービスCSR
業種
官公庁・団体不動産業建設業
この企業の新着リリース

【高校生が世界遺産のまち奈良をPR!】「奈良市高校生観光特派員」委嘱式を行います

「第8回なら三笠まほろばドッジボール親善交流大会」を開催します! 三笠中学校区の小・中学生と地域の大人たちとの「子ども未来会議」から生まれた交流事業

【史跡整備地の活用と学校教育のコラボレーション!】国史跡 大安寺旧境内で田植え体験学習を行います!


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.