オラクル、自律型クラウド・プラットフォーム・サービスの3サービスの提供開始
日本オラクル株式会社

2018年5月17日 11時00分
1/6ページ


アプリケーション開発、統合、アナリティクス・サービスにAIと機械学習を組み込み、自律機能の範囲を拡大


(本資料は米国2018年5月7日にオラクル・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です)

オラクルは米国時間2018年5月7日、クラウド・プラットフォーム(cloud.oracle.com)全体の自律機能拡大の一部として、「Oracle Autonomous Analytics Cloud」、「Oracle Autonomous Integration Cloud」、「Oracle Autonomous Visual Builder Cloud」の提供開始を発表しました。これらの新しいPaaSサービスは、高度な人工知能(AI)と機械学習アルゴリズムにより主要なタスクを自動化または削減し、お客様のコスト削減、リスク軽減、イノベーション促進、予測インサイトの獲得を支援します。

オラクルは2018年前半にデータウェアハウス・ワークロード向けの世界初の自律型データベースを提供開始しました。オラクルは、全てのPaaSサービスへの自動稼働(Self-Driving)、自動保護(Self-Securing)、自動修復(Self-Repairing)機能の追加、さらに各機能分野での専用自律機能の追加に注力しています。本日の発表に加え、モバイルとチャットボット、データ統合、ブロックチェーン、セキュリティ、管理に重点を置いた自律型サービスと、OLTPを含む追加のデータベース・ワークロードを2018年中にリリース予定です。



続きを読む(1/6ページ)

カテゴリ
製品
業種
IT
この企業の新着リリース

日本オラクル、セキュアかつ効率的なトランザクションを実現するブロックチェーン・ネットワーク構築を支援

鹿児島・宮崎で94店舗のスーパーを展開するタイヨー、経営陣の戦略的意思決定を支援する基幹システムをオラクルのERPクラウドで刷新

日本オラクル、Oracle Cloud InfrastructureでNVIDIA Tesla V100 GPUの利用開始を発表


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.