PoE Plus給電スイッチングハブ「Switch-M5eGiLPWR+」を発売
パナソニックグループ

2018年5月17日 12時30分
1/2ページ

PoE Plus給電スイッチングハブ「Switch-M5eGiLPWR+」
拡大



パナソニック株式会社の100%出資連結会社であるパナソニックESネットワークス株式会社(本社:東京都港区 社長:村瀬耕太郎、以下、パナソニック)は、主に屋外用の無線LANアクセスポイントやネットワークカメラ接続用として、動作環境温度が摂氏60度まで対応し、全ポートギガビット対応で、1ポートあたり30 Wまで給電が可能なPoE Plus給電スイッチングハブ「Switch-M5eGiLPWR+」を2018年6月に発売します。

パナソニックでは、1ポートあたり15.4 Wまで給電が可能なPoE給電スイッチングハブを12機種、1ポートあたり30 Wまで給電が可能なPoE Plus給電スイッチングハブを26機種すでに発売していますが、お客様からの「屋外などの高温環境でも使用したい」というご要望に対応するために本製品を開発しました。

本製品は、全ポートがギガビットに対応するとともに、動作環境温度 摂氏60度までの対応を実現しました。
また、未使用ポートの電力を抑制する機能や、LANケーブルのポート接続時でもデータ通信が行われていないときには電力を抑制する機能、さらにPoEスケジューラ機能(※1)など、省エネ機能を充実。
加えてループ検知・遮断機能やリンクアグリゲーション機能(※2)、IGMP snooping 機能(※3)などを搭載し、ネットワーク障害への対策だけでなく、動画配信などの大容量データの効率的な処理が可能です。

パナソニックは今後も、スイッチングハブを核としたお客様に最適なソリューション、ネットワーク機器・サービスを提案、提供していくことで、快適なオフィス空間の実現をサポートしていきます。

<特長>



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

企業・法人向けソリューション, プレスリリース, ハブ, スイッチングハブ, 給電, 省エネ, 無線LANアクセスポイント, ネットワークカメラ, ギガビット対応, リンクアグリゲーション機能

カテゴリ
製品技術・開発
業種
製造・メーカー電気・ガス・水道・熱IT
この企業の新着リリース

積水樹脂とパナソニックが暑さ対策システムの共同開発に合意

屋外用ミスト式冷却機「グリーンエアコン」を製品化

7月より『パークナードテラス 桜区大久保』分譲開始


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.