2018年 初秋発売予定の通訳者ユニット『DICENTIS IDESK(仮称)』がレッドドット・デザイン賞とiFデザイン賞を受賞
株式会社 東和エンジニアリング

2018年5月17日 10時15分
1/2ページ

通訳者ユニット『DICENTIS IDESK(仮称)』がレッドドット・デザイン賞とiFデザイン賞を受賞
拡大
>>



 株式会社 東和エンジニアリングが日本国内総代理店をつとめるBOSCH会議システムの新製品『DICENTIS IDESK(仮称)』が「レッドドット・デザイン賞2018」、「iF(アイエフ)デザイン賞2018」を受賞しました。

 通訳者ユニット『DICENTIS IDESK』は、BOSCH会議システムの最新シリーズ「DICENTIS(ディセンティス)」のラインナップの一つとして2018年 初秋に日本発売予定です。
『DICENTIS IDESK』は、7インチ液晶ディスプレイを搭載。最大100言語の通訳言語をサポートします。通訳者に柔軟性と機能性をもたらす最高の使い勝手を提供します。

 今回、ドイツで受賞した両賞ともに世界的なデザイン賞であり、世界各地から多くのノミネートがある中からの受賞となりました。
 ボッシュ社の会議分野のグローバルプロダクトマネジメント ディレクター Lars van den Heuvel氏は次のように述べています。「当社の会議製品のデザインにおいては、会議室での審美的価値がユーザーエクスペリエンスにつながることが非常に重要です。我々はデザインのプロセスを各開発プロジェクトの中核要素として非常に早い段階から取り組みます。レッドドットとiFデザイン賞を受賞したことで、これに取り組んだ大きな努力を認識しました。」

 ◇BOSCH会議システムのご案内はこちら
  ⇒ www.towaeng.co.jp




続きを読む(1/2ページ)

キーワード

ボッシュ, ボッシュ会議マイク, 会議用マイク, マイクデザイン, Bosch, 同時通訳ブース, インテグラス, 通訳者卓, 通訳者支援, 国際会議

カテゴリ
製品業績報告
業種
IT
この企業の新着リリース

秋葉原ショールームに街頭向けLEDディスプレイを設置 (株)東和エンジニアリングが大型LEDディスプレイ(LEDビジョン)の導入支援を開始

「NEXCO東日本 佐久管理事務所 様」が、東和エンジニアリングの『マルチウィンドウパス』を採用!監視画面の集約により、オペレーションに必要な人数をコンパクト化!

国内屈指の通訳者育成プログラムを実践する「立教大学異文化コミュニケーション学部 様」が“実践に近いトレーニング環境づくり”を目的にBOSCH同時通訳システムを導入!


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.