パナソニックが人工知能(AI)技術を用いた「障がい者入退店検知」の実証実験を実施
パナソニックグループ

2018年5月16日 11時00分
2/2ページ

白杖検知のイメージ
拡大
>>

今回の実証実験を通じて、車いすや白杖の識別および障がい者の来店者数カウントの確認作業の機械化・自動化による作業の効率化を図ることで、障がい者を含む全てのお客様が快適に利用できる店舗作りに貢献していきます。

実証実験概要は以下の通りです。
実証期間:2018年5月17日(木)〜20日(日)
実施場所:
博多マルイ(住所:福岡県福岡市博多区博多駅中央街9-1)1階博多駅方面出入口
北千住マルイ(住所:東京都足立区千住3-92)2階出入口

※1 株式会社ミライロ:
障がい者視点を取り入れた障がい者支援の取り組みに多数実績があり、設備や製品に関するユニバーサルデザインの企画、設計、クリエイティブ制作のほか、ユニバーサルデザインに関する各種情報の収集および提供を行っています。
※2 AIを搭載した物体認識技術:
ディープラーニングの応用として、パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社 イノベーションセンターが開発。同センターはディープラーニングの応用において世界最高水準の画像認識技術開発の実績があります。

<関連情報>
・パナソニックが「視覚障がい者向けお買い物サポート」の実証実験を実施(2017年11月1日)
news.panasonic.com

・ディープラーニングの応用で世界最高水準の顔照合技術を開発(2017年5月10日)
news.panasonic.com



関連URL:
news.panasonic.com


キーワード

企業・法人向けソリューション, その他 - テーマ別, オリンピック, マルイ, ユニバーサルデザイン, 車いす検知, 白杖検知, パラリンピック, 物体認識技術, 実証実験

カテゴリ
技術・開発告知・募集サービス
業種
サービス業製造・メーカー小売・流通
この企業の新着リリース

「パナソニック パンサーズ」と「ひらかたパーク」がホームタウン枚方(ひらかた)でコラボイベント開催

レッツノートあんどコネクト付きモデル販売開始

パナソニックが業界最大容量 導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサ ZKUシリーズを製品化 〜2019年8月から量産開始


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.