パナソニックが人工知能(AI)技術を用いた「障がい者入退店検知」の実証実験を実施
パナソニックグループ

2018年5月16日 11時00分
1/2ページ

白杖検知のイメージ
拡大
>>



パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、2018年5月17日(木)から20日(日)まで、人工知能(AI)技術を用いた「障がい者入退店検知」の実証実験を、株式会社丸井グループ(以下、丸井グループ)の協力のもと、福岡県の博多マルイと、東京の北千住マルイにて実施します。

年齢、性別、身体的特徴などを超え、高齢者、障がい者、外国人、LGBTの方々など、全てのお客様が快適に利用できる店舗施設を目指す丸井グループは、株式会社ミライロ(※1)とより良い店舗作りを推進しています。その一環として、障がいを持つお客様の来店者数とその利用実態を把握するために、パナソニックのセキュリティカメラおよび新しいAI技術を用いて調査を行い、その有用性を検証します。

本実証実験は、博多マルイと北千住マルイにおいて、車いす利用者のアクセスが最も多いと予想されるそれぞれの店舗出入口にセキュリティカメラを設置し、入退店の様子を撮影します。録画画像からAIを搭載した物体認識技術(※2)を用いて、(1)車いす/ベビーカー/白杖の検知、(2)人物検知による年齢・性別の推定を自動カウントしていきます。
検知結果と目視で確認・カウントした結果を照合し、対象物以外を検知する「誤検知」と、対象物を検知しない「未検知」について、精度評価を行います。

画像認識技術の活用において、店舗施設での物体認証を用いた実証実験は初めての試みです。



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

企業・法人向けソリューション, その他 - テーマ別, オリンピック, マルイ, ユニバーサルデザイン, 車いす検知, 白杖検知, パラリンピック, 物体認識技術, 実証実験

カテゴリ
技術・開発告知・募集サービス
業種
サービス業製造・メーカー小売・流通
この企業の新着リリース

電池内蔵型「LEDダウンライト非常用照明器具」を発売

【パナソニック リビング ショウルーム 富山】5月26日(土)移転オープン

電動アシスト自転車スポーツタイプ「Xシリーズ」ラインアップ拡充


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.