創業100周年を機に社会貢献活動として「無電化ソリューションプロジェクト」を開始
パナソニックグループ

2018年4月23日 11時40分
1/3ページ



パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、社会貢献活動の一環として創業100周年を機に、電気の知識などの啓発・教育の実践と商品寄贈を組み合わせた「無電化ソリューションプロジェクト」を開始しました。

本プロジェクトは「無電化地域で暮らす一人ひとりが自立したサスティナブルな社会づくり」への貢献を目的に今回新たに取り組むものです。十分な電力供給がない地域に対して、太陽光発電・蓄電システム等の寄贈に加え、知識・技術の研修を通じた人材育成や電気を活用した地場産業モデルの開発などを行います。これらにより教育基盤の確立と収入増に貢献し、コミュニティの自立を支援するとともに、国連の持続可能な開発目標(SDGs)達成にもつなげていきます。

特に無電化人口の多いアジアやアフリカを対象に、世界の無電化地域の社会課題の解決に取り組んでいるNGO/NPOと共同で推進します。まずは、インドネシア(2018年1月〜2019年12月)、ミャンマー(2018年4月〜2020年3月)、ケニア(調整中)の3か国で取り組みを開始し、順次他の国・地域へ拡大を目指します。

<具体的な活動内容>
1. 地域住民に対し、持続可能な発展を目的とした啓発学習を実施
地域住民を対象に、電気利用についての意識啓発学習や、太陽光発電・蓄電システムに関する基礎研修を実施、コミュニティにおける寄贈後の自主的な活用を促します。
2. 再生可能エネルギーの活用促進のため、太陽光発電・蓄電システムを寄贈



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

CSR・環境, プレスリリース, 太陽光発電, 蓄電池, 無電化, サスティナブル, 企業市民活動, 地場産業, 人材育成, ソーラーランタン

カテゴリ
CSR製品業績報告
業種
製造・メーカー電気・ガス・水道・熱官公庁・団体
この企業の新着リリース

電池内蔵型「LEDダウンライト非常用照明器具」を発売

【パナソニック リビング ショウルーム 富山】5月26日(土)移転オープン

電動アシスト自転車スポーツタイプ「Xシリーズ」ラインアップ拡充


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.