「Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs」を創設〜「貧困の解消」に取り組むNPO/NGOの組織基盤強化に助成
パナソニックグループ

2018年4月25日 16時20分
1/4ページ

「Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs」を創設
拡大
>>



パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、世界的な社会課題である「貧困の解消」に向けて取り組むNPO/NGOの組織基盤強化を応援する助成プログラム「Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs」を創設し、2018年7月17日(火)から助成先の募集を開始します。本ファンドでは、「貧困の解消」を目指すNPO/NGOが持続発展的に社会変革に取り組めるよう、その組織基盤を強化すべく助成を行います。特に新興国・途上国の社会課題解決にも貢献するため、国内のみならず海外での活動に取り組むNGOへの助成も行います。

当社は、NPO/NGOが戦略的に社会課題の解決を図るためにはその組織基盤強化が重要であるとの認識のもと、2001年に「Panasonic NPOサポート ファンド」を設立し、これまでに351件、4億3,900万円の助成を実施してきました。今回新設する「Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs」は「Panasonic NPOサポート ファンド」の後継プログラムになります。

パナソニックの創業者・松下幸之助は、貧困がこの世に存在することは罪悪であり、なんとしてもなくしていかなければならず、その解消は企業の社会的使命であると述べています。パナソニックでは「共生社会の実現に向けた『貧困の解消』」を重点テーマに企業市民活動を展開しており、本ファンドのほかにも十分な電力供給のない地域を対象にした「無電化ソリューションプロジェクト」などの取り組みも実施しています。



続きを読む(1/4ページ)

キーワード

その他 - 事業分野別, CSR・環境, 社会貢献, NPO, NGO, サポート, 組織診断, 新興国, 助成, 途上国

カテゴリ
CSR企業動向
業種
官公庁・団体製造・メーカー電気・ガス・水道・熱
この企業の新着リリース

電池内蔵型「LEDダウンライト非常用照明器具」を発売

【パナソニック リビング ショウルーム 富山】5月26日(土)移転オープン

電動アシスト自転車スポーツタイプ「Xシリーズ」ラインアップ拡充


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.