美術館・博物館向け PiPit(ピピッと)調光シリーズ LED高演色スポットライトを発売
パナソニックグループ

2018年4月17日 13時30分
1/3ページ

PiPit調光シリーズ LED高演色スポットライト
拡大
>>



パナソニック株式会社 エコソリューションズ社(以下、パナソニック)は、無線で調光できる美術館・博物館向けのLED照明器具「PiPit(ピピッと)調光シリーズ LED高演色スポットライト」12品番を2018年5月1日より発売します。

パナソニックは、美術館・博物館向けに、器具本体で個別に明るさの調整ができるLEDスポットライトを提案してきました。しかし、展示内容の変更にあわせ、高所作業を伴う明るさ調整が必要でした。本製品ではPiPitハンディライコン(別売)を使用することで、脚立に登らずに無線で簡単に約5%〜100%まで器具個別調光が可能となります。これにより、高所での作業を軽減し、安全性・作業効率の向上を実現します。

また本製品では、照射パターン外に漏れる散乱光を中心に集める光学設計で、器具のまぶしさを大幅に低減し、中心光度が向上しました。これにより、照射物を引き立てる演出が可能です。さらに既発売製品と同様に、照射物の色を忠実に再現する高い演色性(※1)の光を有しています。平均演色評価数(※2)Ra95に加え、特殊演色評価数(※3)を含むR1〜R15のすべてにおいて、90以上(※4)を実現。太陽光のもとでものを見るときに近いレベルで色を再現でき、すべての色がバランスよく見えるため、展示物の照射に向いています。

パナソニックは、「パナソニック 汐留ミュージアム」の保有、運営を通して、美術品や展示についての知見、ノウハウを蓄積し、照明器具の開発に生かしています。今後も、美術館・博物館向けの製品を展開し、展示物の趣きを変えることなく、質の高い快適なあかり空間を提案していきます。

<特長>



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

企業・法人向けソリューション, プレスリリース, スポットライト, 美術館・博物館, 無線調光, 照明器具, LED, 空間, あかり, 高所作業

カテゴリ
製品技術・開発
業種
建設業製造・メーカー電気・ガス・水道・熱
この企業の新着リリース

自分好みの焙煎ができる「The Roast Expertサービス」(ベータ版)が体験できる〜スペシャルティコーヒーイベント「SCAJ2018」に出展

自治体や大学と連携して、地域の魅力を伝える動画祭「LUMIX MOVIE FESTIVAL」を開催【LUMIX CLUB PicMate】

カーバッテリー「caos(カオス)」シリーズをリニューアル発売


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.